株初心者が本気で儲けるブログ

株式投資に関連するテーマについて取り扱ってます。

【仮想通貨】Rippleのプロダクトラインナップまとめ(ripplenet・xCurrent・xRapid・xVia)

 

リップル社の目指すもの


Ripple社は今メールやLINE、SNSで文字情報をやりとりするのと同じように、銀行を介さず簡単に価値のやり取りができるようになる「価値のインターネット(Internet of Value; IoV)」を実現するという大きなビジョンのもと設立されました。

 

それ以後、私たちはアクセルを思い切り踏み込み、高度なブロックチェーン技術を基盤として、銀行と送金業者そしてその顧客に対して国際送金を真に効率化するための堅牢な法人向けソリューションを開発してきました。

 

そして、現在、Rippleのグローバルな送金ネットワークは90社以上の顧客、75社以上で商業利用に向けた取り組みがされるまでに拡大しており、ネットワーク上の全ての取引を統制する共通の送金スタンダードが作成されています。

 

私たちは世界中の規制当局と密接に連携し、ブロックチェーンがいかに国際送金をつまりはグローバルコマースを革新するかについて積極的に発信しています。

 

XRPは送金向けに最も適したデジタルアセットとしての地位を築いています。また私たちのパートナーがそれぞれのマーケットで顧客に対してイノベーションをもたらしていることを大変誇らしく思っています。

 

マーケットと顧客ベースが進化するのに対応して、私たちのプロダクトがどのようにRippleの唯一のビジョンを達成するために収斂しかつ拡大しているかについて、この機会に説明をしたいと思います。

 

まず前提としてリップルは送金を低コストかつ高速に行うためのプロジェクトの総称であり、リップル=XRPではありません。

 

そして今のところ公開されているリップルのプロダクトは『ripplenet』『xCurrent』『xRapid』『xVia』の4つです。

 

 

RippleNet

 

私達の顧客のフィードバックに基づき、私達の国際送金ネットワークにRippleNetという名前をつけました。Rippleのネットワーク自体はこれまでも存在してきたもので新しいものではないですが、これまで大きなモメンタムを築いてきた拡大するネットワークの新たな進化であると捉えています。RippleNetは世界で唯一の国際送金用途の法人向けブロックチェーンソリューションです。

 

 

xCurrent

 

xCurrentは、即時国際送金をするために現在銀行やその他の金融機関が活用している既存の法人向けソフトウェアソリューションの新しい名称です。

このソリューションではRippleNet上での双方向の送金メッセージングやエンドツーエンドのトラッキングも実現しています。

ネットワーク上での全ての取引を標準化するために、私達はRippleNetアドバイザリーボードとのパートナーシップによって作成されたRulebookを最近追加しました。

Interledger Protocol (ILP)はソリューションの根幹となるもので、様々な異なる送金ネットワークをまたがって即時送金することを可能とするものです。

将来のニーズに応えるためには、ILPこそがグローバルなネットワークをスケールさせる唯一の方法であると確信しています。

 

 

xRapid

 

xRapidは、現在開発中の送金業者向けの新しいプロダクトです。xCurrentをマーケットに投入して以降、途上国における低コストの流動性ソリューションがまだ満たされていないニーズとして存在していることが明らかになりました。

xRapidは途上国における送金の流動性コストを低減するためにXRPを独自に活用します。現在プロダクトは開発中ですが、今後数ヶ月の間にこのプロダクトについてより詳細を共有することを楽しみにしています。

 

 

xVia

 

xViaも現在開発中の新しいプロダクトです。xViaはRippleNet上で銀行や送金業者を通して国際送金をしたい金融機関または事業会社向けのソリューションです。

xViaは送金ステータスの透明性を確保しながら送金し、請求書などの豊富な送金情報を送信することを可能とするシンプルなAPIをスタンダードなインターフェースとして提供します。

私は個人的に、送金業界においてRippleが顧客とともにもたらす可能性について興奮せずにはいられません。

私達は引き続きIoVを実現するというビジョンに向けて邁進しています。その過程において私達のプロダクトはグローバルな送金における一貫性のあるシームレスな経験を提供します。

 

 

おわり

 

リップル社がやろうとしている送金技術革命は壮大なものでどのプロダクトも目が離せませんが、その中でもやはり注目はXRPを使用すると明言されている『xrapid』です。

 

これが完成すれば、XRPが本格的に実用化されるということにもなるので、時価総額的にもリップルの上昇していくと思われます。

 

 

加えて、リップル社の中の人であるDavid Schwartz氏によると、『xrapid』以前に今年中にXRPがブリッジ通貨として、国際送金に使われる可能性もあるようです。

 

仮想通貨の本命がリップル(Ripple)だと確信する理由

 

また現在、金融庁に登録申請中SBIMAXでもXRPは基軸通貨として使われるかもしれない思惑があります。

 

【仮想通貨】SBI株主総会でグローバルな仮想通貨取引所SBI MAX(仮称)が発表!