株初心者が本気で儲けるブログ

株式投資に関連するテーマについて取り扱ってます。

XCPを使って自分だけの仮想通貨(トークン)を作る方法

 

 

2017年に入って仮想通貨が新聞やニュースでも頻繁に取り上げられるようになり、その存在が一段と世間でも大きくなっています。

 

皆さんがまず仮想通貨と言われて思い浮かべるのは、恐らくビットコインだと思います。

 

 

【仮想通貨】ビットコインのブロックチェーン技術は何がスゴいの?

 

 

しかし、仮想通貨というのはビットコインだけではなく、他にもイーサリアム・リップル・ネム・モナコインなどなど取引所で扱われているのは実に数百種類あります。

 

 

【絶対上がる!】個人的なオススメ仮想通貨ランキング ベスト3

 

 

そしてここからが仮想通貨(ブロックチェーン)の面白いところですが、仮想通貨は誰でも作ることが可能であり、自分だけの仮想通貨(トークン)を発行できてしまうのです!!

 

 

独自トークンで何ができるのか?

 

自分自身で発行した仮想通貨はいろんな使い道があります。

 

具体的には寄付を募ったり保有者に配当を出したり、その仮想通貨を利用して独自のサービスを展開することができます。

 

当サイトでも、アドセンスなどの広告を廃止して、発行した独自コインを使えば見れるような有料記事を書いていくことでブログ運営をしていきたいなーと思っています。

 

仮想通貨というと最新技術を使っていて小難しいイメージがありますが、そんな事はまったくなく、トークンはスマホがあればだれでも作ることが出来ます。

 

 

トークンの作り方

 

 

・用意するもの

 

スマホ(iOSでもAndroidでもOK!)

ビットコイン(BTC)

 

 

今回はただ発行するだけなので、これだけで十分ですが、発行してから画像を設定したり寄付ボタンを設置するなど場合は、PCが必要になります。

 

 

・アプリをダウンロード

 

今回使用するアプリは「indie square」という無料アプリです。

 

f:id:oruka199665:20170711133014j:plain

 

ダウンロードはIndieSquare Walletからできます。

 

ダウンロードが終わり、アプリを起動すると「新しくウォレットを作る」か「パスフレーズからアカウントを復元する」かを選択します。

 

初めての方は「新しくウォレットを作る」をタップしてください。

 

するとウォレットが作成され、続いて復元パスフレーズが表示されます。

 

このパスフレーズは銀行口座でいうところの個人情報とパスワードにあたります。

 

仮想通貨はブロックチェーンという台帳で分散して管理されているので復元ができるので、このパスフレーズがあれば、例えウォレットを入れたスマホが水没などで壊れてしまってもウォレットを復元できるので大切に保存しておいてください。

 

ですが逆にいえばこのパスフレーズが漏れれば、ウォレットを乗っ取られてしまう危険があるのでパスフレーズは紙などに書いて厳重に保管することを推奨します。

 

 

仮想通貨ウォレットの公開鍵と秘密鍵の違いについて分かりやすい解説

 

 

続いては4ケタのパスワードを入力します。これは今後アプリ内で操作をする際に必要なものになります。

 

 

 

・ビットコインとXCPを用意する

 

 

 f:id:oruka199665:20170610042556p:plain

 

次はトークンを発行するのに消費するビットコインとXCPを用意します。

 

この2つ仮想通貨はテックビューロという企業が運営するZaifという仮想通貨取引所で購入できます。

 

 

 

 XCPは自分の仮想通貨を作成するためには0.5XCPと0.0005BTCがいるので、必要な分を購入しましょう。

 

 

【仮想通貨】XCPとは何なのか?その購入方法と今後の将来性

テックビューロってどんな企業?その将来性と株式について

 

 

無事に購入することができたらビットコインとXCPを、Zaifからindie squareウォレットに入金します。

 

コインの受け取りは「indie squareウォレットアプリ」の「受け取り」というところにウォレットアドレスが表示されているので、Zaifの出金ページでそのアドレスを入力してindie square内に送金してください。

 

f:id:oruka199665:20170711143539j:plain

 

 

するとこのような状態になると思います。(下図)

 

 

f:id:oruka199665:20170711023840j:plain

 

 

・トークンを新規発行する

 

いよいよここまで来たら「トークン新規発行」をタップしてください。

 

すると、以下のような画面が出てきて必要な項目を入力していきます。

 

f:id:oruka199665:20170711024801j:plain

 

既にトークンである名前は使用できません。また「少数単位を許可」は流動性を考えるなら許可した方がいいです。

 

イメージ画像と説明・URLは後から設定できるので、とりあえず飛ばしとおいても問題ないです

 

これら必須項目を入力し、「新規作成」をタップします。

 

私はSBCOIN(Stock Beginner Coin)というトークンを50000枚発行しました。

 

私の場合は手数料として、0.5XCP(約500円)+0.000189658BTC(約50円)で550円で自分だけの仮想通貨が作れました。

 

今はランチ1回分くらいの低価格ですが、XCPとBTCの価格は右肩上がりの傾向にあるので、早いうちに作っておいた方がいいと思います、

 

トークンはcoming soonから大体1日くらいで出来上がるので気長に待ちましょう。

 

 

f:id:oruka199665:20170711031046j:plain

 

 

続・XCPを使って自分だけの独自仮想通貨(トークン)を作る方法

 

 

 

まとめ

 

自分だけの仮想通貨発行までは以上になります。この自分で作ったコインは寄付してもらうのに利用したり、配布したり配当を載せたりする方法があります。

 

独自トークンの発行費用は今のところかなり安いので、遊び半分でも作ってみると結構面白いです。

 

既に仮想通貨界隈では結構多くの方が自分の仮想通貨を作っており、寄付やトークン所持者に配当なども実際にしているようです。

 

ちなみにこれが当ブログの仮想通貨です。1SBCOIN=0.00001BTC(今のレートだと約3円) で10月に0.5円の配当も予定していますので、もしよければ寄付をお願い致します。

 

Donate with IndieSquare