読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

株初心者が本気で儲けるブログ

株式投資に関連するテーマについて取り扱ってます。

【仮想通貨】儲かる!?イーサリアム(Ethereum)とは?


・イーサリアムとは?


イーサリアムとは、「イーサリアムプロジェクト」という、新しい試みを実現しようとする計画・組織があり、その計画のために必要な技術として提供されているアプリケーションやソフトウェアなどのプラットフォームの総称です。


なので正確には、「イーサリアムという名称≠仮想通貨の名称」であり、本当はイーサリアムプロジェクトにて使用される仮想通貨のことを「ether(イーサー)(ETH)」と呼びます。(最近ではイーサリアムという名前が普及しているので通貨自体のことをイーサリアムと呼ぶ人も多く、そっちが多数派になりつつありますが正確にはこうです。)


・イーサリアムの特徴


イーサリアムは仮想通貨のバージョン2.0にあたるもので、ETHという仮想通貨によって、「スマートコントラクト」を実現しようという目的があります。


スマートコントラクトというのは、ざっくりいうと「契約の条件確認や履行までを自動的に強制させられる仕組み」とのことを指します。


仮想通貨の代表格であるビットコインでは、システムによって、通貨の取引履歴が書かれている台帳をP2Pという分散管理システム、ブロックチェーンと呼ばれる不正改ざん防止の仕組みで管理することで、通貨としての信頼性を確保しています。そして、イーサリアムでは、さらにこの台帳で「契約の記録」も管理することが可能なのです。


「契約」というのは、端的にいうと、条件です。つまり、イーサリアムのシステムを利用した売買だと、「〇日以内に同じ店で買い物した場合は半額」というような「契約」も売買記録と一緒に付与することができるのです。


この記録は、P2Pという分散管理、ブロックチェーンと呼ばれる不正改ざんを防止するシステムに守られているので、相手側は絶対にこの約束を実行しなければなりません。


更に言うなら、システム上の契約に盛り込まれている場合であれば、買い物時に条件を満たしていれば勝手に半額になる仕組みにすることもできます。


これが、イーサリアムの目的である「スマートコントラクト(契約の条件確認や履行までを自動的に強制させられる仕組み)」の概念です。


この「契約」はチューリング完全な言語により記述することができ、中央機関なしに契約を自動執行できます。(ただし契約の執行には複雑さに応じたイーサを支払う必要があります。)


この「契約も一緒に管理する」という部分が、ビットコインとの一番大きな違いであり、イーサリアムの一番の特徴になります。


イーサリアムでは、この仕組みをもっと壮大なプロジェクトとして、様々な取引に応用しようとしています。イーサリアムの時価総額は、仮想通貨 最大手のビットコインの約7000億円の、次に大きい約830億円でありビットコインとイーサリアムの2つで仮想通貨シェアの約90%を占める計算となっており、今後さらなる発展していく可能性があり目が離せません。


www.dmjtmj-stock.com
www.dmjtmj-stock.com