株初心者が本気で儲けるブログ

株式投資に関連するテーマについて取り扱ってます。

【ファイナンス】加重平均資本コスト(WACC)とは?

www.dmjtmj-stock.com


・企業を取り巻く資本コスト


資本コストとは企業が調達した資本全体(借入金や資本金など)にかかる費用(コスト)のことを指します。そして、株主から見れば、出資した(資本)に対して要求(期待)する利益のことで、これを株主資本コストと言います。


ざっくりいうと

負債の資本コスト=金融機関などからの借入金の支払利息

株主資本コスト=配当金(インカムゲイン)+値上がり益(キャピタルゲイン)


となります。


・WACC(加重平均資本コスト)の計算

企業における資本コストは、負債に対する支払い利息と株主への配当金の合計(もちろんキャピタルゲインは含まれません)となり、これらの合計を計算をするときに用いられる方法として、WACC(加重平均資本コスト)があります。


例えば、ある企業の負債額が300億円で 負債の資本コストが8,0%  株式時価総額を100億円株式の資本コストを5.0% とすると


総資本は300億+100億=400億で総資本におけるそれぞれの比率は下のようになります。


負債比率 300÷400=0.75
株式比率 100÷400=0.25


なので

WACC= 0.75×8% + 0.25×5% = 7.25% と求めることができます。


また法人税率を考慮すると(法人税率は40%とします。)

WACC= 0.75×(1-0.4)×8% + 0.25×5% = 4.85%  となります。


まあこんな感じにWACC自体を計算するのは単なる加重平均なので、難しいことではないのですが問題は株主資本コストの設定です。株主資本コストとは、上で紹介したように投資家が期待する収益(値上がり益+配当収益)、つまり「期待収益率」です。

この「期待収益率」は株主の期待であり、株主の期待は様々である為、このコストを的確に推算するのは難しいです。この「株主資本コスト(期待収益率)」をどのように計算するのかが、ファイナンスの世界では研究命題となっています。(現状ではCAPM理論を使って求めるのが無難であるとされています。)


www.dmjtmj-stock.com
www.dmjtmj-stock.com