株初心者が本気で儲けるブログ

株式投資に関連するテーマについて取り扱ってます。

【仮想通貨】ビットコインの価値は将来100倍以上になるかもしれない・・・

 

これまでビットコインとは何なのかという話を行ってきました。

 

【仮想通貨】ビットコイン(bitcoin)とは? 

【仮想通貨】ビットコインの仕組み

【仮想通貨】ビットコインのブロックチェーン技術は何がスゴいのか? - 

 

 

 

 

そしてここからがこの記事を訪れてくださった人たちの最大の関心事であると思いますがビットコインは将来性はあるのか?という話ですよね。

 

まずビットコインのこれまでの値動きを見ていきたいと思います。

 

f:id:oruka199665:20161110140310p:plain

 

参照:3分でわかるビットコイン開始からの7年 » Virtual Coin News

 

 

2012年にビットコインの取引が始まったときは1BTC=0.1円でした。それが2014年には12万円の高値を付け、その後マウントゴックスの破たんのショックで、一時1BTC3万円近くまで下落しましたが、2015年末から再び上昇を続けています。そして2017年3月に再び高騰を始め、一時33万円という高値を更新しました。

 

もし1BTC=100円くらいの時に1万円分くらい購入していれば、2017年現在では3000万円近くになっていることになります。・・・ヤバい上昇率ですよね。コレ

 

これからどうなるかが気になるビットコインでありますが、自分の見立てではその価値はこれからも上昇していくと思われます。正直1BTC=100万円~も夢ではありません

 

なぜなら世界各国には政情不安な国がたくさん存在し、そういう国の人たちには自分が今持っている自国通貨による資産が大幅下落、または第一次世界対戦後のドイツのマルク紙幣のような紙屑同然になるリスクが常に存在しているわけです。

 

幸いにも私たちの済んでいる日本の通貨である『円』は、今のところそのようなリスクとは無縁なので、日本人はあまり気付きませんが、自分の資産をどのような形で保有しておくかはとても重要な問題なのです。

 

そういう国の人たちがどうやって自分の資産を保管するかを考えると信用度の高い円やドルといった通貨、またはビットコインのような取引に規制が少ない仮想通貨となるわけです。

 

実際これまでのビットコインの価格上昇は政情不安が起きている時に起こりやすく、ビットコインはそういった時のリスクヘッジ(リスクを減らす)の手段として、ひそかに注目を集めていることが伺えます。

 

先日、次期大統領の就任が決定したドナルドトランプ氏は、かつてのモンロー主義のような自国経済を第一に考える姿勢を打ち出しており、これからアフリカ・中東に代表される第3世界の国々はさらに混迷を極めることが予想されます。

 

加えてビットコインは日常での決済手段として利用可能にする試みが行われていたり、その流動性はこれからますます高くなることが予想され、そういった中でビットコインの価値はさらに上昇していくと自分は睨んでいます。

 

そしてこのビットコイン、いくらで購入することができるのかいうと、2016年11月10日現在では1BTC約76000円で購入することができます。

 

購入単元はとくにないので1BTCでなく0.0001BTCからでも購入することができるので、1万円や5000円からでも購入することが可能です。では次にその購入方法を紹介していきたいと思います。

 

 →ビットコインの購入方法 

 

しかし、ビットコインの問題点としては『スケーラビリティ問題』や『ハードフォーク問題』があり、ビットコインが取引決済の手段として実用的なものになるというのは正直微妙なところであります。

 

そういう問題が解決されないとなってくると、仮想通貨の本命は、MS・トヨタ・IBMなどが提携している『イーサリアム』や大手金融機関が絡んでいる『リップル』かもしれません。

 

 

【仮想通貨】イーサリアム(Ethereum)とは? 

【仮想通貨】リップル(Ripple)とは?その購入方法と将来性について

 


 2017年は『仮想通貨元年』とも言われ、ビットコインを始めとする仮想通貨に大きな注目が集まりは始めた年でもあります。しかし、仮想通貨はその価格変動の激しさやシステム上の問題点から正直なところまだ実用的なものではなく投機手段にしか過ぎません

 

仮想通貨はまだ混迷期で発行枚数も少なく、頻繁に大きな価格変動が起こってしまいます。これはIT革命でいうジョブスがガレージでAPPLE Ⅰを作っている段階なのだと自分は思っています。

 

将来的に仮想通貨は私たちの日常生活の一部となるでしょう。実際にイーサリアムではそのような取り組みが始まっています。もし日常生活の決済手段の一つになり世界中の人々が仮想通貨を使うようになれば、その流動性はより高くなると共に、その価値も上昇するでしょう。

 

現在、仮想通貨はまだ私たちのような耳のちょっと早い投資家が投機感覚で買っているような段階です。この時点で購入して寝かせておけば将来どうなるか・・・これは皆さん想像に難くないと思います。

 

特にイーサリアムは今1万円でリップルに至っては20円ちょっとです。単純計算してもしイーサリアムがビットコインのように1ETH=30万円になれば、資産は30倍に増えます。またリップルなら1万5000倍になる計算です。リップルなら1万円寝かせておくだけで余裕の億り人です。

 

捕らぬ狸の皮算用だと笑う人もいるかもしれませんが、仮想通貨について勉強するとそういう可能性を完全に否定することは恐らくできないと思います。もちろん、あくまで投資は自己責任なので信じるか信じないかはあなた次第です。

 

 

 

 

関連記事 

【テーマ株】仮想通貨関連銘柄まとめ 

 【仮想通貨】モナーコインとは?購入方法と将来性について

 仮想通貨の本命がリップル(Ripple)だと確信する理由