株初心者が本気で儲けるブログ

株式投資に関連するテーマについて取り扱ってます。

リップルウォレット「Ledger NanoS(レジャーナノS)」の設定方法と使い方

 

リップル(XRP)の保管方法

 

これまでリップル(XRP)は便利なウォレットがなく、コインチェックやMr.Rippleといった取引所で保管するのが一般的でしたが、2017年5月にLedger Nano S (レジャー・ナノS)という仮想通貨ハードウェアウォレットで、XRP保管ができるようになりました。

 

Ledger Nano S (レジャー・ナノS)の参考価格は1つ8900円と少し高めですが、XRPが比較的簡単に保管することができるのでリップラーなら持っておいて損はないでしょう!

 

 

 Ledger NanoSの対応通貨は、ビットコイン・イーサリアム・イーサリアムクラシック・イーサリアム系トークン・リップル(XRP)となり、1台で主要な仮想通貨の保管ができます。

 

 

LedgerNanoS(レジャーナノS)の使い方

 

「Ledger NanoS」の購入方法と初期設定方法を解説!!

 

PINコードとパスフレーズの設定が終わったら、まずここにアクセスしてAPPManegerをインストールします。

 

Ledger Wallet - Organize apps on your device with the Ledger Manager app

 

インストールしたらCrorme拡張からAPPManegerを起動し、選択画面からRippleの項目の「↓」マークをクリックして、リップルのLedgerNanoSにアプリをインストールします。 

 

f:id:oruka199665:20170808054453j:plain

 

クリックするとレジャーナノS側の液晶表示がProcessing・・・となり、その後レジャーナノS側のウォレット選択画面にリップルのアイコンが表示されれば成功です。

 

LedgerNanoS端末に「Allow Ledger maneger?(レジャーの管理を許可するか?)」と表示された場合は、チェックマーク側のボタンを押してください。

 

 

PCにリップルウォレットアプリをインストール

 

Ledger Wallet - Get started with Ledgerから、PCにRIPPLEのウォレットをインストールします。

 

f:id:oruka199665:20170808060042j:plain

 

リンク先のGET THE APPというボタンをクリックしexeファイルをダウンロードして、PCにインストールします。

 

これで初期設定は完了です。

 

 

LedgerNanoSのリップルXRPウォレットの使い方

 

Windows側のウォレットアプリをダブルクリックして起動させたら、LedgerNanoSをPCに接続。PINコードを入力します。

 

そして、LedgerNanoS側のRippleのアイコンを選んで、左右ボタンを同時押しすれば、PCのリップルウォレットアプリが開きます。

 

f:id:oruka199665:20170808060422j:plain

 

↑でRippleの送信画面、↓でrippleの受け取りアドレスが表示されます。

 

 

LedgerNanoSの終了方法


利用が終わったらハードウェアウォレットで「Quit app」を選択(左右ボタン同時押し)して、ブラウザのウォレットアプリを閉じるだけです。

 

LedgerNanoSアップグレード


App managerをブラウザで起動させてLedgerNanoS本体を接続すれば、最新のファームウェアやこれから管理可能予定のウォレットアプリをインストールすることが出来るようになっています。

 

 

一応上級者向け設定とかもまだまだあるみたいですが、保管と送受信はとりあえずこれでできるようになります。

 

ハードウェアウォレットは最初は少しだけ入金してみて、1度リカバリーチェックを行ってからの利用をお勧めします。

 

⇨Ledger NanoSでウォレットを復元する方法

 

 

終わり

 

現状ではリップル(Ripple/XRP)の一番安全な保管はLedgerNanoSでしょう。

 

私の保有XRPも全てこのハードウェアウォレットに保管していますが、取引所やウェブウォレットに置くより安全なので、日々安心して過ごすことが出来ています。

 

仮想通貨をハードウェアウォレットへ保管するとハッキングによる盗難の心配がほぼ無くなります。

 

また、仮にハードウェアウォレット本体を第三者に盗まれても、起動時のPIN入力を3回間違うと自動的にデータ消去される仕組みなので、最初に設定したPINコードと24のパスフレーズさえ紙に書いて厳重に保管しておけば大丈夫です。

 

Ledger NanoSはビットコインやリップルだけではなく、他にもイーサリアムやライトコインも保管することができるのでとても便利です。


取引所にそのまま置いておくと、ある日ログインしたら謎のアドレスに保管していた仮想通貨が全部送金されていたなんてことが起こる可能性もありますが、ハードウォレットならPINコードとパスフレーズさえ保管していれば絶対安全なので、気楽に仮想通貨をホールドすることができるのでとてもオススメです。

 

自分は一応3台くらいもってますが、とりあえず1台持っておいて損はないと思います。