株初心者が本気で儲けるブログ

株式投資に関連するテーマについて取り扱ってます。

【仮想通貨】LISK(LSK)とは?その将来性と購入方法は?

 

 

 

LISKとは?

 

 

f:id:oruka199665:20170624033921j:plain

 

 

『Lisk(リスク)』とは分散型アプリケーションプラットフォームの総称です。

 

分散型アプリケーションとは『ブロックチェーン技術を通貨以外にも応用した仕組み』のことで、この仕組みを利用できるサービスのことを『プラットフォーム』と呼びます。

 

そしてLiskはイーサリアム同様、スマートコントラクトの実用化を目指すためのプラットフォームです。

 

スマートコントラクトについてはイーサリアムの記事で解説しています。

 

 

【仮想通貨】イーサリアム(Ethereum)とは何なのか?その将来性と購入方法

 

 

そして、Liskのプラットフォームである仮想通貨を『LSK』と言います。

 

 

 

LSKの特徴

 

LSKの特徴は大きく3つあります。

 

 

①最大発行量が無限

 

ビットコインなどは発行枚数がプログラムによって決められていますがLSKは発行枚数が無限です。

 

発行量が無限だとインフレ(供給量が増えすぎて価値が下落してしまうこと)が起きてしまうかもと不安になる方もいると思います。

 

しかしLSKでは発行量は年々少なくなるというルールが決められており、突然通貨が増えることはありません。

 

またブロックチェーン技術を利用した非中央集権の通貨であるため、誰かが勝手にお金を増やすこともできません。

 

なので突然増えることも勝手に増やすこともできませんから、ジンバブエドルやマルクのようなことに価値が急激に下落する可能性はありません

 

 

 

②Javascriptを使用している

 

2つ目の特徴は、プログラム言語にJavascriptの採用していることです。

 

プログラム言語の一種なのですが専門的な話を抜きにすれば「プログラマーであればほとんどの人が知っているし書き方もわかるプログラム」と考えて下さい。

 

誰でも扱えるので、いろんな人が開発に携われますし、色んな分野に応用しやすい、つまりは普及させやすいわけです。

 

 

 

③サイドチェーンの実装している

 

『サイドチェーンの実装』は文字通り、メインであるLiskに対してサイド(横)を通るブロックチェーンです。

 

LSKのやり取りはメインで行い、レンタカー屋でのやり取りはサイドチェーンで行う…なんてことができるようになります。

 

発行量無限ですからいずれデータ量は増大しますが、サイドチェーンに分散することで処理速度を維持することができます。

 

これにより、先日イーサリアムで問題となった取引処理速度の問題についてもある程度対処できます

 

 

【仮想通貨】イーサリアムのICO騒動から見る仮想通貨の現状と将来性

 

 

更にサイドチェーンはLisk本体から切り離すことができます

 

例えばイーサリアムではスマートコントラクトの1つ「THE TAO」から侵入され通貨を不正取得される事件が起こりました。

 

しかしサイドチェーンを切り離すことができれば、不正取得された通貨をサイドチェーンのシステムごと無効にできるのです。

 

LSKは無限に発行されますから切り離しても通貨量へのダメージは少なくて済みます。

 

 

 

LSKの購入方法

 

LSKは今のところ日本の仮想通貨取引所では、 コインチェックのみが取り扱っています。

 

 

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

 

 

【徹底比較】初心者にオススメな国内の仮想通貨取引所ランキングまとめ 

 

 

 

まとめ

 

LISK(リスク)は名前が少し縁起が悪いのですが、Javascriptを使っていることで汎用性が高く、加えてスマートコントラクトという将来性を持ち合わせています。

 

そのため、17年4月に施行された仮想通貨法でのホワイトリスト入りの可能性が高いと言われています。

 

 

【仮想通貨】仮想通貨法(改正資金決済法)とホワイトリスト

 

 

まあスマートコントラクトは理想的なシステムだけに実現へのハードルも高いというのが現状ですので長期目線の投資が妥当かなと思います。

 

またLISKの発展形として『ark』という仮想通貨も存在しています。