株初心者が本気で儲けるブログ

株式投資に関連するテーマについて取り扱ってます。

仮想通貨でよく出てくる『ICO』とは何なのか?

 

 

ICOとは?

 

最近よく『ICO』という言葉を仮想通貨でよく耳にします。

 

仮想通貨でのICOとは『クラウドセール』の事です。

 

『クラウドセール』とは企業などが独自のトークンと呼ばれる仮想通貨を発行し、それを販売することで開発費や研究費を調達する方法です。

 

 

【徹底検証】仮想通貨とトークンの違いは何なのか?

 

 

つまり株式のように、仮想通貨を新規発行してそれを投資家に購入してもらうことで資金を調達するのです。

 

これまで資金調達は株式発行が主流でしたが、ブロックチェーン技術の発達により最近はトークン(仮想通貨)の発行による資金調達も可能になってきています。

 

仮想通貨での資金調達はまさに次世代の資金調達方法と言えます。

 

 

www.dmjtmj-stock.com

 

 

 

これまで事業を始めたいと思って資金調達をするには、基本的に誰か特定の機関(企業・銀行等)に資金調達のお願いをしなくてはなりませんでした。

 

株式の新規発行や銀行融資などがその例です。もちろん将来性のあるプロジェクトであったり、これまで実績がある方がお願いをすれば、資金を調達できる可能性は大いに高まりますが、現実ではそう簡単に融資の許可はおりません。

 

投資家から資金を募る株式発行にしても、まず上場するレベルの事業規模がないと無理なので一から事業を始める場合には使えません。

 

ですが、『ICO』を行えば不特定多数の個人から広く資金を募ることが可能になるのです。

 

『ICO』とは、独自のトークン(仮想通貨)を発行するわけですので、そのトークンの時価が資金を出した側のキャピタルゲイン(値上がり益)になるのです。

 

なのでそのプロジェクトを広めて、そのトークンの時価を上げるインセンティブ(動機)が生まれます。

 

『ICO』はインターネットが普及し、SNSが主流なこの現代社会ではとても有効な手段と言えます。

 

トークンを購入する側は上でも少し触れましたが、発行者のプロジェクトが成功して、トークンの時価が上がる事が最も大きなメリットです。

 

つまり、そのトークンがビットコインのように発行時は1トークン=0.1円とかでも、発行者のプロジェクトが成功すれば1トークン=1万円とかになる可能性があるのです。(あくまで可能性の話です)

 

そして、ICOの先行販売では購入が早ければ早いほど安くそのトークンを購入できるものが多いです。

  

 

 

ICOの危険性

 

これまで取り上げたように『ICO』は、次世代の株式のようなもので誰でも資金調達が機関を通さずに簡単にできるようになる画期的なシステムです。

 

そして株式よりも大きなリターンを得る可能性も大きいです。

 

ですが、その分リスクもあるのです。

 

というのも『ICO』は、先行販売やその特性上詐欺が起こり得る可能性がかなり高いということです。

 

 

理論上トークン発行は誰でも気軽にできるうえ、情報が少ないのでSNSなど買い煽って実際はなにもプロジェクトを勧めずに高値で売り抜けてトンズラということもできるわけです。 

 

ようはプロジェクトに中身はないけど、SNSなどのメディアで煽って株価だけを上げた昔のライブドアに近い手法がより簡単にできるです。

 

そして、それをやった張本人のホリエモンが注目しているのもまたなんともです。

 

また、先行販売なので時価が下がる事(全くプラスにならないだけでなくマイナスになる事)ももちろんあります。

 

ICOもあくまで投資の一つですので必ず自己責任・自己判断で行ってください。

 

 

 

まとめ

 

こういったように『ICO』は画期的なシステムですが、その分危険性も孕んでいます。

 

投資的観点でいうとハイリスクハイリターンであり決してうまい話ではありません

 

なので『ICO』に参加する際は、うまくいけば億万長者になるかもしれませんが投資額が0になる可能性もあります。

 

基本的にICOはビットコインやイーサリアムで購入するので参加するときはビットコインやイーサリアムを先に保有しておくことになります。

 

今は仮想通貨界隈はビットコインやイーサリアムやリップルが数百・数千倍になったこともあり、後続の仮想通貨も同じようになるという期待から『ICO』バブルのような状態になっています。

 

そして『ICO』に参加するためにはビットコインやイーサが必要なので、これらの価格もさらに上昇しているわけです。