株初心者が本気で儲けるブログ

株式投資に関連するテーマについて取り扱ってます。

【仮想通貨】ビットコインがハードフォーク(分裂)したらどうなるのか!?その危険性と相場予測

 

 

 

www.dmjtmj-stock.com

 

 

今までまさかハードフォークをちらつかせるとは思っていなかったのですが、中華マイナー側(ジーハン)が割とマジで本気っぽいので、ハードフォークした場合も書いておこうと思います。

 

 

 

ソフトフォークとハードフォーク

 

まず『ソフトフォーク』と『ハードフォーク』は別物です。

 

『ソフトフォーク』は取引ルールを厳格化するもので、いわばアプデのようなものです。UASFはこのソフトフォークに当たります。

 

対して、『ハードフォーク』は完全な分裂でこれまで1つだったビットコインが2つに分裂することになります。つまりビットコインAとビットコインBに分かれることになります。(今回ならビットコインコアとビットコイン2xに分かれます)

 

これまではSegwitを採用する派とSegwitを採用しない派の2つで多数決を行い、多かった方の意見をビットコインの仕様に反映する(ソフトフォークする)という流れでした。

 

しかしマイナー以外は皆Segwitを採用する派なので、Segwitが採用されるだろうという見通しでした。要するに結果の見えた出来レースだったわけです。

 

そして、このままマイナーは負けて(自分たちの既得権益が失われて)しまうのが目に見えているので、今回講じようとしている措置がハードフォークなのです

 

上でも述べたように、 ハードフォーク』は完全な分裂でこれまで1つだったビットコインが2つに分裂することになります。

 

つまりビットコインAとビットコインBに分かれることになります。これはブロックチェーンも2つに分裂させるということになります。

 

 ちなみにビットコインが分裂したとき、ウォレットで1btc持っていればビットコインAとビットコインbが1ずつもらえます。(取引所だとまた話が変わります。)

 

もちろんこのとき1btc=30万ならビットコインAとビットコインBの価格は、それぞれ15万円になります。

 

 

ハードフォークの危険性

 

ソフトフォークであるSegwitに移行することに関しても当初は、予期せぬバグが起こる危険性があるといった反発が結構あったのですが、litecoinやモナコインがSegwitを導入し、何事も起こっていないことから一定の信頼があります。

 

ですがハードフォークするとなると色々問題があります。

 

まずブロックチェーンの性質として、分岐が発生した場合(ハードフォーク)、より強いハッシュパワーが支持するブロックチェーンに収束します。

 

なので迂闊にブロックチェーンを分裂にさせる(ハードフォーク)すると、ハッシュパワーも分散してしまうので、どっちかが強すぎたり弱すぎたりしたときに、おかしくなる可能性があります。

 

最悪、どっちかのビットコインがなくなってしまう可能性もあるのです。

 

また一度ハードフォークをしてしまうと、理論的に『どんな変更も可能』という概念ができてしまうことにもなってしまいます。

 

つまり『発行数の上限が2,100万枚』というのはビットコインのルールも変更できてしまうではないか?

 

取引データは改ざんできないというのがビットコインの売りなのに、システムごと変わるのっておかしくないか?

 

というような信用性に関わる問題にも繋がりかねません。

 

またハードフォークということは通貨の使用が別物になるので、アップデートによるトラブルが起こる可能性もあります。

 

感覚としてはWindowsのOSアプデでいくつかのソフトが使えなかったり不具合を起こすのに似ています。

 

同じようなことが、ビットコインのウォレット・取引所・その他ネットワークで、一時的なエラーやトラブルという形で起こることが考えられます。

 

このようにハードフォークにはいろんな問題点があります。

 

実際イーサリアムがハッキングを受けたためにやむを得ずハードフォークした際も結構問題になりました。

 

なので、わがままなビットコインのマイナー(採掘者)も流石にハードフォークはしないだろうと賢い人たちもタカを括っていたのですが、思った以上に本気でハードフォークをやろうとしているので、みんなビビっているわけです。

 

それが今回の相場が荒れている原因です。まあ予測と違う事が起ころうとしているための狼狽といえばイギリスのEU離脱に近いものがあります。

 

 

 

今後の相場観測

 

最近、8.1のxデーに向けて仮想通貨界隈の動きが激しくなっています。

 

まあビットコイン(Bit coin)は持っていたら取引所に置いておこうが自分で持っておこうが最悪いつのまにかコインが消えてしまうので、その価値が暴落するのは当然なんですけど、釣られて他のアルトコインが暴落しているのが個人的にはなんだかなぁという感じです。

 

おそらく仮想通貨バブル崩壊ということで、ドルや円といったフィアットに逃げているのだと思います。

 

まだ仮想通貨は未成熟な市場という事もあって、ボラ(価格変動率)が大きいので慣れていない人はパニックになると思いますし、仕方ないと言えばそうだと思います。

 

3万円あたりからいる身としては10%くらいの変動はおーまたやってるねぇって感じで、50%変動するとやべぇwwwって感じです。

 

そして、この記事に訪れてくださった方々に言いたいことは、『今回の8月1日はあくまでビットコインのお家騒動なのであって、他の仮想通貨(アルトコイン)の将来性に何ら影響するものではない』という事です。

 

つまり、イーサやリップルといったほかのアルトコインの本質的価値には、なにも支障が出たわけではありませんし、狼狽売りする意味はないということです。むしろ買いです。

 

ソロスかバフェットか忘れましたが『悲観は買い、楽観は売り』という株の名言の通りの状態だと思います。

 

なので今後アルトコインの価格が暴落するような場合は少しずつ買い増しするのが得策だと思います。

 

まあ、このような狼狽売りが起きてしまうのは今の仮想通貨界がBTC建の取引が多かったりとビットコインを基軸通貨に回っているからというのも原因の一つですが、今後この状況は変わってくると思っています。

 

というのも、ビットコインのシェアはだんだん落ちてきています。最初はビットコインが仮想通貨のシェアの90%を占めていて後の10%をイーサやリップルが占めていた状態でした。

 

しかし、今の仮想通貨の時価総額(シェア)の割合はビットコインが40%、イーサ30%、リップル20%、ネムなどのその他10%という按配で、もはやビットコイン1強の状態ではないのです。

 

そして、今回のGWで参加者が増えた後の分裂騒動で、仮想通貨はビットコインしか知らないという人もビットコインがいかに信用のおけない時代遅れの仮想通貨なのかある程度認識されたと思います。

 

なので、今後より他の有望なアルトコインに投機目的ではなく、長期的な視野を踏まえた固い資金が多く入ってくると思います。

 

なので私は今イーサ・リップル・NEMを買っておけば、一年後笑顔になれるんじゃないかなぁと思っています。

 

しかし、ビットコインだけは話が別です。ブロックチェーンの分裂はやり方次第でトランザクションが失われてしまったりしますし、上のような危険性があるためその仮想通貨の信頼性の低下を招きます。

 

なのでビットコインが下がっているから押し目買いというのはマズイと思います。ビットコイン下げは狼狽の下げではなく、事実のある下落なので戻るかどうかわかりません。

 

まあ分裂した後、Segwitを採用したい派が開発している方のビットコインは今後伸びしろがあるので、買っておいてもいいかなーと思います。

 

でも、ほっといても他のアルトコインも同じくらいの上昇率で伸びると個人的には踏んでいるので、わざわざ火中の栗を拾いに行くリスクとリターンが見合っていない気がします。

 

 まあ個人的にはそれ以外にもビットコインへの不信は色々あります。

 

【仮想通貨】ビットコインの2つの大きな問題点

 

 

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin