株初心者が本気で儲けるブログ

株式投資に関連するテーマについて取り扱ってます。

【徹底検証】8月1日のビットコイン分裂騒動にどう対応すればいいのか?

 

最近仮想通貨界隈では、2017年8月1日に起こるビットコインの分裂騒動で、『ビットコインやアルトコインの価格はどうなるのか?』というのがよく話題に上がってきています。

 

今日はこのビットコイン分裂騒動で何が起こるのか?そして、どうすればいいのかについて私なりの見立てを書いておこうと思います。

 

 

 

8月1日に何が起こるの?

 

2017年3月頃からビットコインは、取引量の増加により送金に遅延が発生していました。いわゆる『トランザクション問題』というやつです。

 

まあ早く送金するためには手数料を標準価格より少し弾めばいいのですが、これは低い手数料で高速決済が売りのビットコインの長所が全くありません。

 

実際、数日前に私もBTCを送金しましたが、標準の手数料で送金が決済されるのに約1時間半掛かりました。

 

(ちなみにその後xrpを送金したのですが、送った瞬間に決済されてて早すぎてビビりました笑。xrpは銀行間の高頻度の巨額送金にも耐えられる仕様にも拘わらず決済速度も高速ですし、実用化にとても期待しています。

 

仮想通貨の本命がリップル(Ripple)だと確信する理由

 

 

この問題についてはビットコインの管理者グル―プ(ユーザー)も把握しており、これまでも『トランザクション問題』への対策として、ブロックサイズの引き上げや仮想通貨取引を効率化するSegwitの採用などが検討されてきました。

 

しかし、これらのスケーラビリティ問題の対策はマイナー(採掘者)側の反対により、なかなか実現しませんでした。

 

(ちなみにこのスケーラビリティ問題は『仮想通貨2.0』と呼ばれるイーサやリップルやNEMといったアルトコイン群では既に解決している問題です。)

 

要するにビットコインはユーザーとマイナーで内輪揉めをしているのです。

 

他の仮想通貨が企業と提携したりして、一歩ずつ実用化に向けて進んでいる中で未だに身内でケンカをしているのです・・・。

 

そして、この泥沼のマイナーVSユーザーの戦争に対して、ユーザー側が新しく講じた策が『UASF』というもので、これの賛否を問う投票みたいなものが2017年8月1日に実施されるのです。

 

Segwitなどのソフトフォーク(ルールの厳格化みたいなものです。)をめぐっては、マイナーのハッシュレートが95%(95%の賛成)に到達した時点で、アクティベートする方式が取られています。

 

なぜ95%の賛成が必要なのかというと、ネットワークやマイナーの準備ができていないうちにソフトフォークが起こると、チェーンが分岐したり取引記録が失われてしまう危険性があり、その仮想通貨の信頼性が損なわれてしまうからです。

 

ビットコインはイーサやリップルといったアルトコインよりも正直性能は劣っています。ですがそれでも注目されているのは、他にない強みには規模の大きさによる長井ブロックチェーンがあるからというのが理由の一つになっています。

 

そして、このSegwitを採用するというソフトフォークは、マイナーがSegwitによりASICBOOSTが無効になる(マイナーの既得権益が失われる)ため、今まで拒否され続けてきました。

 

とはいえ、Segwitは既に広い支持をえており、多くのウォレットや取引所、ネットワークが対応済みで、ライトコインやモナーコインなどでもその有効性(取引速度の向上)が実証されました。

 

ユーザー側としてはSegwitを採用しなければ、ビットコインは送金にすら満足に使えない欠陥通貨となり、いずれ仮想通貨のシェアをイーサやリップルにとってかわられることになってしまいます。

 

このために過去にも何回かマイナーとユーザーで会議を行ないましたが、Segwitの採用には至りませんでした。

 

そして、話し合っても平行線なのでユーザー主導で、なんとかしようというのが今回の『UASF』なのです。

 

 

 

UASFとは?

 

『UASF』とは、ユーザー・アクティベート・ソフトフォークの略です。

 

ビットコインは、マイナーのハッシュレートが物事を決定するという仕様なので、最終的にはマイナーが行動を変えてくれないと、ユーザーはなにも出来ません。

 

そのため今回の『UASF』は、マイナーがソフトフォークをせざる得ないように追い詰めるという感じの対抗措置です。

 

『UASF』とは簡単にいうと『Segwitの採用をしないマイナーが掘り出したコインは取引所で換金しない』といったような対策です。ストライキに近いですね。

 

もしこれが実現すれば、マイナーは渋々Segwitのビットコインを掘らざる得ません。

 

そして、現在提案されている『UASF』の方式の一つが、『BIP148』というものです。

 

これは、『Segwitのシグナルを発していないブロックは無効なものとしてブロックチェーンに追加しないという新ルールをつくり(いわゆるソフトフォーク)、それを8月1日にユーザーとウォレット、取引所など、マイナー以外のコミュニティで、一斉にアクティベートしよう』という方策です。

 

これにより、マイナーは、8月1日以降、『従来通りのビットコインを掘るか』『SegwitのシグナルをつけたBIP-148コインを掘るか』の選択を迫られます。

 

そして、ユーザーや、ウォレット、取引所は、『BIP148に対応するかを8/1までにきめて、各自ソフトウェアを更新するかしないかを決める』という選択をします。

 

ユーザー、ウォレット、取引所がBIP148を採用し、マイナーへの圧力をかけることができれば、マイナーは態度を変えざる得なくなります。

 

しかし、コミュニティの採用が割れたり、または、BIP148の支持が多数にならず、少数のマイナーのみがSegwitを掘る状況が続けば、ビットコインもイーサリアムとイーサリアムクラシックのように、2つに分裂する可能性があるのです。

 

これが8月1日のビットコイン分裂危機の意味です。

 

ビットコインは現状仮想通貨界での基軸通貨なので、ビットコインを持っていなくてもBTC建ての取引の多いアルトコインなどはこの影響をもろに受けるでしょう。

 

つまり、仮想通貨市場の参加者全員に何らかの影響があるイベントになるので、皆注目しているという訳です。

 

 

 

この結果何が起こるのか?

 

この8月1日の投票はマイナー側が、『レガシーチェーン(今までのビットコイン)』『BIP148チェーン(Segwitを採用したビットコイン)』をどう掘るかで決定されます。ようするにマイナー間での多数決のようなものです。

 

そしてこのマイナーでの多数決に、ユーザーがSegwitを採用しないとビットコインは市場で取り扱わないぞという風に、マイナーでの多数決に外部要因を掛けている感じです。

 

 

 まあ多数決なので結果は2通り存在します。

 

①レガシーチェーン(51%) > BIP148チェーン
②BIP148チェーン(51%) > レガシーチェーン

 

 

①レガシーチェーン>BIP148チェーン

レガシーチェーンのほうがハッシュパワーが大きい(>51%)場合は、ビットコインのブロックチェーンは2つに分岐したままになり、ビットコインは2つに分裂することになります。

 

このままレガシーチェーンのほうがハッシュパワーが大きいままでは、チェーンは永続的に分岐し、BIP148チェーンは消滅します。

 

ですが、BIP148チェーンのハッシュレートが51%になる(レガシーチェーンを上回る)
とチェーンの再編成が起こります。

 

これがおこると、レガシーチェーンが、文字通り一瞬で消えてなくなります。分岐後に行われたレガシーTxはすべてなかったものとされるのです。


つまり、分岐後に新規採掘されたレガシーコインは消失することになるのです。分岐後にどれだけレガシーチェーンが積み上がったとしても、BIP148チェーンに追い越された瞬間に、過去のすべてが覆ります。

 

このような事態が仮に起きた場合、レガシーチェーンを掘り続けるマイナーはもはや居ないでしょう。

 

なぜ再編成が起こるのかというとまず、ビットコインでは「チェーンが分岐した場合、長い方のチェーンを有効なものとする」というルールがあります。

 

ですがここが味噌で、プログラム上長いチェーンの認識が、レガシーチェーンとBIP148チェーンではそれぞれ違うのです。

 

まずレガシーチェーンのノードからみると、プロトコルのルールではSegwitシグナルがついているかついていないかは何の影響も及ぼさないので、レガシーチェーンだろうが、BIP148チェーンだろうが、どちらも有効なビットコインのブロックであり、チェーンです。ですから、長いほうのチェーンを「正当」とみなします。

 

一方BIP-148のノードからみると、有効なブロックはSegwitシグナルブロックのみであり、レガシーブロックは無効なブロックというルールです。

 

ですから、無効なブロックやチェーンがいくら長くなろうが、それは初めから無効であるので、それに再編成されることはありません。

 

もう少しいい方をかえると、BIP148チェーンは「ソフトフォーク」であるから、といえます。ソフトフォークは「ルールをより厳格にする」というルール変更になります。

 

つまり、Segwit以外のブロックは不正とみなす、という厳格化ということです。これにより、BIP148チェーンでの再編成のリスクはありません。

 

もし、レガシーチェーンが再編成リスクを取り除こうとすると、レガシーチェーン側はいままでのビットコインとの互換性を断ち切る仕様に変更する必要があります。つまり、ハードフォークです。

 

これはビットコインの今までを根底からひっくり返してしまうのでまずあり得ません。

 

 

 

追記:すいません。もしかしたらありそうです

 

UAHF: A contingency plan against UASF (BIP148) - blog.bitmain.com

 

 

ビットコインマイナーの英語サイトですが、要するにSegwitにソフトフォークくらいならハードフォーク(完全にビットコインを分裂させる)すると言ってます。

 

※ビットコインはハードフォークする場合

あり得ないと思っていたのですが、マイナーが思った以上に強硬なので現実味が出てしました。

 

いぜれsegwitにしないと仮想通貨としてまともに機能しなくなるのになぜここまで固執するのか不思議です。

 

とにかくビットコインの権力闘争は闇が深そうです。結局マイナーに決定権があるので非中央政権体制じゃないですし、個人的にはこの状態のコンテンツに投資したくありませんね。

 

株式投資もそうですが、身内でケンカしている所(企業・コンテンツ)は将来絶対に伸びない印象です。

 

ビットコインがハードフォークするとどうなる!?

 

 

 

 ② BIP148チェーン>レガシーチェーン

BIP148チェーンが正式なブロックチェーンとなり、Segwitが採用されます。

 

 

※レガシーチェーン100%だった場合

Segwitは採用されずUASFは失敗になります。

 

 

 

まとめ

 

以上のことから、ビットコインの8月1日のシナリオは次の3つになります。

 

①8月1日時点でレガシーチェーンのパワーが大きい場合

ブロックチェーンが分裂する⇨ビットコインが2つに分かれる⇨下落?


ですが、今後どこかの時点で、BIP148チェーンがレガシーチェーンを追い越した場合は再編成が起こり、BIP148チェーンが残ります⇨Segwitが採用される⇨ビットコイン価格上昇要因?

 

 

②8月1日以前に、BIP148のハッシュパワーが51%以上の場合

 

ブロックチェーンは分岐せず、8月1日以降全マイナーがBIP148を掘る⇨Segwitが採用され、スケーラビリティ問題が解決⇨ビットコインは名実ともに仮想通貨の盟主に返り咲く可能性が高い⇨今後ビットコインの価格はさらに上昇する可能性があり?

 

 

③8月1日以前に、BIP148を採掘するマイナーがまったく居なかった場合

BIP148は掘られずにUASFは終了する⇨Segwitが採用されずスケーラビリティ問題は解決しない⇨ビットコインの取引の遅延は解消されず下落要因?

 

 

④8月1日前にマイナーがビットコインをハードフォークする場合

 

【仮想通貨】ビットコインがハードフォーク(分裂)するとどうなる!?

 

 

つまり、8.1時点でのSegwitが多数決に勝てば、Segwitが採用され、8.1時点で負けてもいずれSegwit支持の方が大きければSegwitが採用され、8.1後に堀ったビットコインがすべて無に帰すとということなるので、今のところSegwit採用の方が圧倒的に有利な状況と言えます。

 

 

 

 

個人的な相場予測

 

まあちゃんと状況を整理すれば、Segwitが採用される確率の方が高いので8.1はビットコインにとっては+材料となる可能性が高いです。

 

ですが、市場参加者はこのUASFの意味をよく知らない人が多数なので、恐らく分裂する可能性があるとしか考えず、8.1前はビットコインから手を引く人が多数いると思います。

 

その結果8.1まではビットコインの価格は下落するとみています。

 

そして、ビットコインから引き揚げた資金の避難先として、おそらく現時点でBTC建ての割合が少ない(BTCの価格変動の影響を受けにくい)イーサリアムに資金が集中し、その価格は上昇するとみています。

 

現在イーサリアムは4万円前後ですが、8.1前には10万円くらい行くんじゃないかなーと思っています

 

追記:17/6/25

イーサリアムのICOバブルが予想より早く弾けたので状況が変わりました。

8.1までは、仮想通貨は全部フィアット(現金)に変えて退避しておくのが一番いいでしょう。

それか釣られて下落したアルトコイン(リップル・ネム・ライトコイン)の買い増しがいいと思われます。

 

 

 

【仮想通貨】イーサリアムのICO騒動から見る仮想通貨の現状と将来性

仮想通貨】NEM(XEM)とは? 購入方法と今後の将来性について

仮想通貨の本命がリップル(Ripple)だと確信する理由

 

 

 

そして、8.1にSegwitが採用されれば、再びビットコインに資金が戻り、その価格は急上昇するでしょう。

 

まあイギリスのEU離脱の時のように、市場では思わぬことが起きるので、反対にもしSegwitが否決されれば、ビットコイン価格が急落し他のアルトコインも下落するでしょう。

 

そうなればアルトコインの絶好の買い場になるでしょうし、大チャンスです。

 

というわけで、個人的にはSegwitが採用されようがされまいが、旨みがあるのでどっちでもいいかなぁと思っています。

 

ビットコイン全然持ってないですし・・・。まあSegwit採用で実用化に一歩前進ということで価格上昇するんじゃないですかね・・・?

 

 

⇨【仮想通貨】ビットコインの将来性について思う事

 

 

追記:もしハードフォークすると、また状況がややこしくなるので別記事にまとめました。

 

【仮想通貨】ビットコインがハードフォーク(分裂)するとどうなる!?

 

 

個人的にはこのビットコイン中心の仮想通貨市場から一刻もはやくアルトがそれぞれ独立した価値を形成する市場に代わってくれることを願うばかりです。

 

それにはやはり参加者の意識の変革が必要不可欠だと思いこのようにまとめている次第です。

 

まあビットコイン中心で揺れるからこそ、有望なアルトがあり得ないくらい安く買えることもあるのでイーブンですかね?

 

 

【初~上級向け】オススメ仮想通貨の参考本まとめ

個人的なオススメ仮想通貨ランキング ベスト3