株初心者が本気で儲けるブログ

株式投資に関連するテーマについて取り扱ってます。

【仮想通貨】XCPとは何なのか?その購入方法と今後の将来性

 

 

XCPとは?

 

XCPは、CounterParty(カウンターパーティー)によって発行されている仮想通貨(トークン)のです。

 

仮想通貨とトークンの違いは何なのか?

 

 

Counterpartyとは、『ビットコインのブロックチェーン上で展開されている、オープンソースの金融プラットフォーム』です。

 

このカウンターパーティーには分散型取引所、独自通貨の発行機能などが実装されています。

 

 

 

f:id:oruka199665:20170610042556p:plain

 

 

 

このカウンターパーティというブロックチェーンで使われる通貨がXCPです。XCPは Proof of Burn という仕組みでビットコインを破壊し、その分だけ作成されています。

 

このXCPは最も利用者の多いビットコインのブロックチェーンを利用することで、そのままビットコインの高いセキュリティがありますが、

 

送金の承認に約10分かかるなどビットコインのプロトコルによる制約があるという欠点もあります。

 

そして現在発行済みのXCPは約260万XCPで、プログラムにより発行枚数が今後増えることはありません。

 

また、XCPを消費して、独自の仮想通貨(トークン)を発行することができ、幅広い目的に利用することができます。

 

これによって、発行したトークン名を付けたり、発行枚数を決めたり、保有者に配当を渡したりなど、色んなの目的で『トークンエコノミー』と呼ばれるものを実現できます。

 

トークンはユーザー間で送受信が自由なのは当然として、カウンターパーティが有する分散型取引所でユーザー同士で売買することも可能です。

 

今現在よく使われているのは、XCPと独自に作ったトークンを取引することで自分のトークンを市場に売り出すといったような使い方です。

 

そして、消費すればXCPの絶対量が減るため、相対的に残りのXCPの価値は上昇していくことにもなります。

 

なので、XCPはデフレ(価値が上がっていく)通貨だと言われます。ほかにはリップルもデフレ通貨に分類されます。

 

なお、Counter Partyはビットコインのブロックチェーンを利用するため、実際に使用する(送金・取引する)にはビットコインも必要になります。

 

 

 

XCPの購入方法

 

XCPは、日本だと今のところZaifでのみで購入することが出来ます。

 

ちなみにZaifではこのXCPの他にも、Zaifが発行したトークンであるZAIFや、Spells of Genesisというゲームで使用されるBitCrystals(ビットクリスタル)、分散クラウドストレージ技術STORJのクラウドセールにて発行されたSJCX、株式会社フィスコが株主向けに発行したFSCCなどのトークンを取り扱っています。

 


 

 

まとめ

 

XCPはビットコインのブロックチェーンを流用して作った仮想通貨(トークン)であり、XCPの特徴としては、XCPを軸にして、『個人がそれぞれが独自に仮想通貨を作成できる点』で、自身の仮想通貨を発行することで寄付を募ったり、その仮想通貨を利用した独自のサービスを展開することができます

 

これは貨幣という性質に加えて情報管理もできるので、会員カードのような役割もできるので、

 

今後Counter Party社のXCPを通じて自分の仮想通貨を発行して商売するというビジネスはますます需要が増加していくと思われます。

 

仮想通貨において、実需があるというのは長期的に大きな上昇要因になるので、今のうちに買っておけば損はしないのではないでしょうか?

 

まあXCPが特段凄いというわけでもなく、今の仮想通貨市場が実需と将来性のある大手の仮想通貨を買えば握れば90%損しないアベノミクス以上の勝てる相場なだけですが笑

 

ここも一応少し持っていますが、やはり本命はリップルとイーサリアムですかね~

 

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

 

 

関連記事

【仮想通貨】リップル(Ripple)とは?その購入方法と将来性について 

【仮想通貨】イーサリアム(Ethereum)とは何なのか?

【仮想通貨】bitflyerでのビットコインの購入方法

【仮想通貨】ビットコインの価値は将来100倍以上になるかもしれない

【仮想通貨】モナーコインとは?購入方法と将来性について