株初心者が本気で儲けるブログ

株式投資に関連するテーマについて取り扱ってます。

【仮想通貨】モナーコイン(Mona coin) とは?購入方法と将来性について

 

 

モナーコインとは?

 

モナーコイン(Mona coin)は、日本の匿名掲示板2ちゃんねるから生まれ、2013年12月23日に公開された本邦初の仮想通貨です。

 

利用者プログラムはオープンソースを用いており、モナーコインプロジェクトという組織によって作製され公開されていますが、コインの発行や運営はしていません。

 

つまり、ビットコインと同じように利用者が形作るモナーコインネットワークによって維持されており、管理者は存在しません。

 

日本で愛されているといわれる“モナー”は、巨大掲示板 2ちゃんねるなどの電子掲示板でよく使われる、アスキーアート(AA)によるキャラクターです。正式な名称は「オマエモナー」です。

 

 

f:id:oruka199665:20170602233620g:plain

 

 

このモナーは、2ちゃんねるで2000年(平成12年)頃に広まったアスキーアートによるキャラクターであり、現在、2ちゃんねるっぽい表現もしくは2ちゃんねるそのものを象徴するキャラクターの一つになっている状態です。

 

よくある表現として「2ちゃんねるの猫」などと呼ばれたりしますが、本当の起源は2ちゃんねるではなく「あめぞう」か「あやしいわーるど」だとされています。

 

まあ最近はネットユーザーのスマホ化の流れもあり、文字数の多いAAの文化は廃れており、それとともに、モナーも姿を消してしまっています。

 

 

 

モナーコインの技術概要

 

モナーコインの開発者が2ちゃんねるのソフトウェア板で、ライトコインなどの採掘プール「2chpool」を運営していた『わたなべ氏(Mr.Watanabe)』という方で、2ちゃんねるを象徴するキャラクターであるモナーの名を冠して2013年12月23日にβ版をリリースし、2014年1月1日に正式にリリースされ流通するようになりました。一応日本発の暗号通貨です。

 

モナーコインはビットコインとも同じPOW方式で、採掘が可能かつP2P通信で管理者は存在しない、分散型管理の仮想通貨に属します。

 

そして総発行枚数は1億512万枚です。Premine(開発者による事前採掘)はありません。

 

 

モナーコインの用途

 

モナーコインが特定サイトの専用ポイントとは異なり、ウォレットアドレスを表示することで、サイトの垣根を超えてコインを送付することができるため、インターネット上でのコンテンツ評価の統一基準としての使用が期待されていました。

 

つまり、Youtubeでもニコニコ動画でも、pixivでも、投稿者がウォレットアドレスさえ表示していれば、本当に評価されるべきコンテンツの作者に対して、お布施のような形でモナーコイン(Monacoin)を送ることが可能になります。

 

要するにモナーコインとは、路上ライブとかをしている人にお金を投げ込む『投げ銭』のインターネット版を行うために作られたコインなのです。

 

また、有用なツールを無料で公開した作者に対しても、感謝と尊敬の気持ちを示すことにも、モナーコイン(Monacoin)によって解消することができます。

 

というのも投稿者側が、自分のウォレットアドレス示すことで、すべてのユーザーが安心してモナーコイン(Monacoin)を振り込むことができるのです。

 

銀行口座をネットに晒してしまうと名義やら住所を知られてしまうリスクがありますが、モナーコインであれば乱数で作ったアドレスなので、安心して投稿者側も口座(ウォレット)のアドレスを公開することができるのです。しかも振り込み手数料も銀行よりはるかに低価格になっています。

 

加えて、2014年4月に土地の売買がモナーコインで成立したり、Amazonギフト券などと交換ができるようになったりと、単なるネットのコンテンツ評価のためのものから徐々に本当の通貨としての使われ方も始まっています。

 

 

モナーコインの購入方法

 

現在モナーコインを購入できるのは私の知る限りこの2つです。

 

Zaif

・もなとれ

 

ただし、もなとれは現在試験運用中なので、モナーコインを購入するならばZaifがオススメです

 

 

 

 

Zaifの運営はテックビューロという会社が行なっており、このテックビューロは日本においてフィンテックの最先端を行く企業であり、多くの大手企業が出資しています。

 

 

テックビューロってどんな企業?その将来性と株式について

⇨ZAIFの登録方法と使い方

【仮想通貨】ZAIFトークンはかなりの将来性があるのでは?という密かな期待

 

 

 

 

モナーコインの価格推移

 

モナーコインの通貨単位は『MONA』で、2014年の公開当初は1MONA=4円前後で横ばいで推移していましたが、その後急騰し1MONA=99円まで上昇しましたが、その後急落、年末には1MONA=6円程度まで下落してしまいました。

 

そして2015年には3月に1MONA=29円まで上昇しましたが、その後下落して5月には1MONA=8円程度まで下がってしまいましたが、6月にふたたび1MONA=25円程度まで上昇します。しかし、年末には1MONA=7円程度まで戻ってしまいました。

 

2016年は年間を通じて大きな動きがなく、レートも1MONA=6~7円で低め安定の状況でした。そして2017年に入ると仮想通貨バブルの煽りを受けて1MONA=30円近くになっています。


このようにモナーコインは、ただでさえボラティリティの大きい仮想通貨の中でも、トップレベルに凄まじいボラティリティなので初心者が手を出すととんでもないことになる危険性もあり、正直初心者にはオススメできません。

 

イーサとかが結構安定しているのでオススメです。(それでも他の金融商品に比べたらとんでもないボラティリティです。)

 

 

 

モナーコインに将来性はあるのか!?

 

 仮想通貨は規模と将来性から今のところビットコイン・イーサリアム・リップルの3つが中心でモナーコインはマイナーな部類に属しますが、2ch発の仮想通貨という事もあって、ネット上では一定の価値があります。

 

そして、2017年3月からモナーコインのSegwitシグナリングが開始され、4月に仮想通貨の取引をより向上させるSegwitがモナーコインにも採用されました。

 

モナーコインは2017年5月時点では30円を推移しており、6月に半減期を迎えます。

 

半減期というのは仮想通貨の採掘量が減ることで、市場に新規発行されるMONAの量が減る=1MONA辺りの価格が上昇する可能性があるということを意味しています。

 

また2017年6月には、秋葉原のPCショップのARKで商品購入決済に使えるようになったりと、日本発祥の仮想通貨という事もありメディアに取り上げられやすく徐々に知名度が上がってきています。

 

今年は仮想通貨元年でもあり仮想通貨全体に注目が集まっており、今からでも仕込んでおけば急騰する可能性は結構高いですし、宝くじ感覚で買うといいと思います。

 

幸いモナーコインは仮想通貨市場にある数多のビットコインの劣化版とは違い、取引速度もLTCレベルなので一定の品質があり、期待性だけではなく実用性も持ち合わせています。

 

そして、モナーコインにはニコニコ動画の10月の大規模アップデートで実況者への『投げ銭』の方法に採用されるのではないかという噂があります。

 

これに関しては噂の域を、全く出ていないのですが、もし採用されれば追い風ですよね。なのでこれにワンチャンを掛けて今のうちに仕込んでおくのもアリかもしれません(取引に関してはあくまで自己責任でお願いします。)

 

 

他にもTwittchなどでも導入テストが行われており、将来的に使われる可能性があります。↓

 

 ⇨Twitterでモナーコインを投げ銭する方法

 

 

上記リンクではモナーコインが使われていますが、匿名性の高さと送金の手軽さという仮想通貨の一般特性は、実況界隈の『投げ銭』文化と非常に相性がいいので、そう遠くない未来に実況界隈で仮想通貨は採用されるでしょう。

 

まあ、その仮想通貨がモナーコインか、もしくは別の仮想通貨かはまだ誰にも分かりません。

 

あくまで時価総額の低いアルトコインなので、その将来性についても不確定要素が多いです。

 

なので、長期保有目的ならば企業が仕切っているイーサリアムやリップル(xrp)がオススメです。

 

 

 ⇨【徹底比較】初心者にオススメな国内の仮想通貨取引所ランキングまとめ

 ⇨【絶対上がる!】個人的なオススメ仮想通貨ランキング ベスト3

 

 

 

 

関連記事

【仮想通貨】リップル(Ripple)とは?その購入方法と将来性について 

【仮想通貨】イーサリアム(Ethereum)とは何なのか?

【仮想通貨】bitflyerでのビットコインの購入方法

 【仮想通貨】ビットコインの価値は将来100倍以上になるかもしれない