株初心者が本気で儲けるブログ

株式投資に関連するテーマについて取り扱ってます。

【仮想通貨】リップル(Ripple)とは?その購入方法と将来性について

 

リップルとは?

f:id:oruka199665:20170529181224p:plain

 ここ最近、新時代の概念として注目が集まってきている仮想通貨。今回はその中の一つであるリップルについて取り上げたいと思います。

 

関連記事

【仮想通貨】イーサリアム(Ethereum)とは?

【仮想通貨】ビットコイン(bitcoin)とは?

【仮想通貨】bitflyerでのビットコインの購入方法

【仮想通貨】ビットコインの価値は将来100倍以上になるかもしれない

 

 

 

まず『リップル』という呼称は、正確には通貨自体の呼称ではありません。『リップル』というのは、アメリカの「Ripple Inc」という会社によって開発が進められている、金融商品の決済・送金システムの総称です。

 

これは現在の銀行などの金融機関で行われている金融商品の送金システムをより効率的かつコストが掛からないようにすることを目的としています。

 

例えば、国際的な決済で、日本からアメリカに送金がされる場合、日本円から米ドルに変換して決済する必要があります。日本円から米ドルに変換する作業は、銀行などの金融機関が内部で行っている処理です。

 

これは「円」や「ドル」などの有名な通貨であれば、すぐに変換することができますが、もっとマイナーな国の通貨だとすぐに変換することはできず、処理に時間と手間がかかります。

 

そういった、送金時の手間を手続きを共通の「仲介用の通貨」を使うことで、手続きを簡略化しようという試みが『リップル』となります。そのための通貨が『リップルコイン(XRP)』であり、これが世間でいう『リップル(XRP)』なのです。

 

 

 

 

 

あくまでリップル(XRP)は金融機関における仲介用の通貨なので、一般に私達が利用するような場面で、リップル(XRP)が登場する機会はほとんどないかと思いますが、銀行などの金融機関でリップルのシステムが普及すれば、仲介通貨のXRPも価値が上昇するだろうと考えられており、注目が集まっています。

  

現在、リップル(XRP)は、仲介用としてだけでなく、取引所で購入することで保有することもできます。

 

 

リップルの特徴

 

ビットコインやイーサリアムにはないリップル独自の特徴には『IOU取引』というものがあります。

 

IOUとは、「I owe you(あなたに借りがある)」の略で、取引所などの「ゲートウェイ」とよばれるリップルの預金残高などを管理する場所が顧客に対して発行する「借用証書」という意味合いがあります。なので、リップルは通貨というよりも「借用書の代わり」だと言えます。

 

借用書は通常、借りた側と貸した側の間で成立するものですが、リップルは「リップルというネットワークシステムに参画しているユーザー同士」であれば、リップルという借用書によってお金のやりとりが可能になります。

 

 

リップルのデメリット

 

上で触れた「リップルは借用書のようなもの」ということにどういった問題があるかというと、もし自分がリップルを預けている場所がハッキングや破産などによって、リップルネットワークシステムから抜けるということが起こればその借用書は「無価値」になります。この点によって、リップルを保管するのは非常にリスクがあるといわれています。

 

この点についてはリップル自体が銀行間の短期市場での取引の高速化・円滑化が目的なので仕方ない側面もあります。

リップルの購入方法 

 

2017年5月現在、リップル円(XRP/JPY)を購入できる取引所は以下の3つです。

 

coincheck
Mr. Ripple
東京JPY発行所

 

 

以下、3つの取引所の「取引手数料」と「キャンペーン」の一覧です。

 

 


coincheck:日本円入金 0円 出金 400円 ・特になし


・東京JPY発行所: 入金・出金額の0.498%・会員登録で40XRP・10,000円以上の入金で22XRPプレゼント


・Mr. Ripple :108円(税込)+銀行振込手数料 +トランザクション手数料0.2% ・会員登録で50XR、30,000円以上の入金で27XRPプレゼント

 

 

経験上一番オススメなのが、登録が手軽で他の仮想通貨取引も扱っているCoinCheckです。というのも通常、仮想通貨の取引所では、仮想通貨を購入するまでに会員登録に加えて身分証の提示や既存ウォレットの登録などの作業が必要なので、数日かかります。

 

しかし、CoinCheckの場合は会員登録後、SMSによる電話認証をするだけで購入することが可能です。(これは今後成立する法案の内容によって変わる可能性があります)

 

 

加えて、『 coincheckはリップル以外にも、ビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、Lisk、Factom、Monero、Auger、NEMなどの今人気のある仮想通貨を取り扱っているのも魅力です。

 

 

簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck

 

 

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

 

 

リップルコインのチャート(相場)についてリップルを投資商品として購入した場合、日々の相場(チャート)をチェックすることは重要です。

 

以下、リップルのチャート(XRP/JPY)の長期的な推移、中期的な推移、短期的な相場推移を見るのにおすすめのサイトを紹介します。

 

・リップルの中・長期的な推移を見る場合

 

リップルが登場してからの今までの推移などの長期的な推移を見るのにおすすめのサイトは『CoinGecko』です。

 

 

・リップルの短期的な推移を見る場合

1日、1週間、1ヶ月単位のチャートや短期的な推移(1日以内、1時間単位、分単位など)を見たい場合には、リップル公式が運営している『rippleCharts』を見ることです。

 

 

リップルについての最新情報を知る方法

 

仮想通貨関連は「〇〇コインが〇〇と提携した」とかみたいな材料が来るとよく吹きます。そういう情報をいち早く仕入れたいですよね?リップルについての情報サイトは2つあります。まあわざわざこの2つに行かなくても、2chの仮想通貨板に張り付いとけば問題ないと思います。リップルは注目が高いですしすぐ最新情報が来ます。

 

①:Ripple Labs Inc

 Ripple Labs Incはリップルのシステムを作っている会社なので、正真正銘の公式サイトです。公式からのニュースなので、どこの銀行や会社と提携した、という話や、どういう支払い方法に対応した、みたいな最新情報を知ることができます。(ただ、ニュース自体は全て英語なので、英文を読む必要があります。)

 

②:crypto currency magazine

crypto currency magazineは仮想通貨全般に関するニュースの取り扱いとしてはおそらく日本で一番情報が多くて早いサイトだと思います。

 

 

 

リップル(XRP)の将来性

 

リップルの仮想通貨(XRP)が発行開始されたのが2013年です。当時の値段は1XRPあたり0.6円程度でした。現在が大体25円・・・もう40倍になっています。

 

 

また2017年3月には、世界の大手6銀行が次世代の国際送金サービスとしてリップルを採用する旨のニュースが発表されました。これには三菱UFJ銀行が入っているので日本でもかなり注目が集まっています。

 

リップルは実用化が他の仮想通貨よりも現実味を帯びてきており、期待感がすごく高まっています。これがリップルがビットコイン・イーサリアムに次ぐ時価総額3位である理由です。

 

ですが、ここに一つ不安要素があります。というのもリップルのシステム自体は今後も魅力的なのだけれど、XRPという通貨自体には将来性はないかもしれないのです。

 

現在リップル自体は現在着実に色々な会社、金融機関と提携を取り付け、今後成長していく期待を見せているのですが、一般ユーザーのXRPの取引は制限していくような動きをしています。

 

その一環として2016年には、リップル公式のripple tradeでのrippleウォレットが廃止されました。原状は別の会社のウォレットを使えますし仮想通貨としてXRPは存続していますが、Ripple.Inc自体はXRPの個人ユーザーの取引をなくしてBtoBビジネスに専念する気なのではとの憶測が流れています。

 

たしかに、銀行のバックグラウンドで機能するシステムと位置づけるなら、個人ユーザーの参入は不要ですしリップルの場合、利用用途が各通貨の仲介役(ブリッジ通貨)というものなので、仲介手数料の役割となるリップルの値段が高くなって、ブリッジ通貨としての役割が機能しなくなる懸念があります。また、リップルが投機商品として、値段が乱高下する状況が邪魔になるという考えも多くあります。

 

そこで、「リップルは今後、相場(値段)固定にするのでは?」なんて噂が流れています。まあ固定制にするにしても今より高い価格帯になるでしょうし、購入して損はないかなと思います。

 

まとめると、リップル自体は今後も色々な活躍の場が期待されますが、通貨であるXRPが値上がりするかは不透明というのが現状です。イーサリアムやビットコインもこれに近い不安要素がありますが、向こうの方がまだ通貨として将来性がある気もします。

 

まあ仮想通貨についての記事で最後にこういうこというのもなんですが、リップルはリップルコイン(XRP)を購入するのではなく、リップル関連会社の株とかを買っといた方がいいのでは?と個人的には少し思ってます。

 

まあIOTや仮想通貨はよくTwitterでも呟いている方がいますが、リップルはまだあまり呟かれていないので仕込み時かなと思ったりするのですが、今のところ日本にはリップル関連企業があまりないんですよね・・・。

 

仮想通貨はまだ始まったばかりのコンテンツで、先が不透明な要素が多いですが、だからこそ当たったときの恩恵も大きいです。他の記事でも書いていますが、現状仮想通貨時価総額トップ3を占めているビットコイン・イーサリアム・リップルでさえ一部のアングラみたいな取引所でしか取引できませんし、流動性が低い状態です。まだ年単位で考えればまだまだ初期段階です。

 

ということはこの段階で仕込めていれば、SBIや証券取引所で取り扱われることによって、流動性が増せばよりその価格は何倍にもなり大儲けできることになります。株式でテンバガーや100バガーを達成するにはとても時間がかかりますし、数も少ないです。

 

しかし仮想通貨は5月の暴騰を見れば分かりますが簡単に数倍になります。そしてチャートをみても分かるように長期的にみて成長する市場なのは99%間違いなく現物握って気絶しておけばまず勝てます。

 

加えて倍数的にも株なんかよりも容易かつすぐ資産が増える可能性が高いとても魅力的な市場だと考えています。なので私は仮想通貨には常にアンテナを張っておいて損はないと思います。

 

 

 

 

 

関連記事

【仮想通貨】イーサリアム(Ethereum)とは?

【仮想通貨】ビットコイン(bitcoin)とは?

【仮想通貨】bitflyerでのビットコインの購入方法

【仮想通貨】ビットコインの価値は将来100倍以上になるかもしれない

【仮想通貨】モナーコインとは?購入方法と将来性について

 仮想通貨の本命がリップルだと確信する理由