読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

株初心者が本気で儲けるブログ

株式投資に関連するテーマについて取り扱ってます。

【トランプ大統領爆誕】2016年11月9日 日経平均TOPIX

 

世界中が注目する米大統領選の投開票が進み、共和党候補のドナルド・トランプ氏が次期大統領への当選確実とし、米国の政治や経済の先行き不透明感が高まるとの懸念から、投資家がリスクを回避する動きを強まり、日経平均の下落幅は英国の欧州連合(EU)離脱が決まった6月24日以来で今年2番目の大きさだったようです。

 

f:id:oruka199665:20161110022101j:plain

 

ですが、為替相場はトランプ候補の当選確実が伝わるや否や一時1ドル100円を割り98円まで上昇する場面も見られましたが、終値は104円と特に大きな変化はありませんでした。

 

いやーほんとにトランプ大統領になっちゃいましたねえ、以前自分はイギリスのEU離脱の二の舞になる可能性は大いにあると言っていましたが、まさか本当になってしまうとは(笑)

 

どうやらアメリカも日本以上に体裁を気にする国のようです。よくよく考えてみればアメリカは弁護士の数も訴訟の数も人口が日本の2倍なのを加味しても圧倒的に多く人権意識が根付いている国でもあるので女性差別や移民差別、黒人差別などのレイシストへの風当たりは日本以上に強いものなんでしょうね・・・

 

今回の選挙から思うのはやはり世界中の流れがリベラルから右翼系に傾きつつあるということですね。フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領然り、どの国でも過激な論調の人物に人気が集まりつつあるようです。

 

世界中の民衆が抱く、既存の金持ちがより金持ちになるだけの資本主義政治体制に対しての不満もどうやら限界に近づきつつあるように思われます。今までの歴史の流れからすると第3次世界大戦勃発という可能性も大いにあり得そうです。

 

一方敗北したヒラリークリントン候補の最後の演説が先ほど行われ、自分もそれをちらっと聞きましたが、どうやら何が敗因なのか全く理解してないようですね・・・。

 

おそらく国民の気まぐれか何かだと思っているのでしょう。まあ今までの常識で考えればありったけの金でポジティブキャンペーンを行い、レディーガガなどの著名な有名人・ハリウッドスターなどに応援演説をさせたりしている一方でメディア総出でトランプのスキャンダル発掘に勤しんだのですからまず負けるはずはないと思うのは仕方ないことかもしれませんが・・・。

 

しかし、FBIのメール問題などの都合の悪い部分があまりに黒過ぎました。まさにアメリカ版小沢一郎ともいうべきやばさ(笑)。一方トランプはメディア総出であら捜ししてもAV出演と不倫という小ネタしか出てこなかったのが寧ろイメージアップに繋がった感じがします。

 

クリントン側は自分で墓穴を掘ってしまった形になってしまいました。加えて、上流階級以外の人々の気持ちを全く理解していなかったのも敗因だと思います。有名人で票を稼ごうなんて人を馬鹿にしすぎです(笑)

 

とりあえず今日のところはこの辺で、では~

 

www.dmjtmj-stock.com