【統計学】統計データ分析の基本的な考え方

・データの種類 まず統計データとは、観察した対象について得られた測定値の集合で、データの分析には全数調査(分析対象を全て調べる)と標本調査(分析対象の一部を標本として抽出したもの)との2種類があります。 一般的に全数調査ができないことがはるかに多く、大低は全体の一部分である標本データを分析する、標本…