【ファイナンス】CAPM理論とは?

・CAPM理論とは? CAPM(Capital Asset Pricing Model)とは、1960年代半ばに提唱された、均衡市場においてある金融資産の期待したリターンにおけるリスクの算出モデルのことを指しており、ハイリスクハイリターンの均衡市場においては、リスクを負担した分に見合うリターンを得ることができるというも…