【マクロ経済学】 限界消費性向と乗数効果について

限界消費性向とは、ケインズによって定義されたもので、所得 Y が1円増加したときの、消費 C の増加額を指します。通常、限界消費性向は 0 と 1 の間の値になります。(余談ですが、全所得のうち消費にあてられる割合を平均消費性向と言います。) 乗数とは、有効需要が1増えた時、国民所得がどれくらい増えるかを示す割合…