【マクロ経済学】 有効需要の原理と国民所得の決定

「有効需要の原理」とは、ケインズが考案したもので「市場における総供給(=生産額)と総需要(=支出額)は一致する」という考え方です。 そして国民所得がどうやって決定されるかを、海外貿易を考えない簡単な式で説明すると、まず※三面等価の原則から、生産面からみたGDP は 総供給(国民所得) と、支出面 つまり 総…