株初心者が本気で儲けるブログ

株式投資に関連するテーマについて取り扱ってます。

ビットコインのハードウォレットTREZOR(トレザー)の初期設定方法

 

TREZORとは?

 

TREZORは、プライベートキー保管とビットコイントランザクションへの署名が可能な専用ウォレットです。


ビットコインネットワークへトランザクションを送信するには、お手持ちのTREZOR端末をお使いいただき、myTREZOR.comにて myTREZOR Web Walletへアクセスするか、他の”TREZORと互換性のある”ウォレットを使う方法があります。

 

TREZORは、オンライン環境や脆弱性のある端末から完全に隔離することで安心安全なビットコイン管理を実現しており、初期設定とパスワードの設定をちゃんとすれば、現時点で最強の保管方法です。

 

 

 

トレザーの初期設定方法

  

まずトレザーをUSBケーブルでPCと接続し、接続が完了したらTREZOR Walletにアクセスします。

 

f:id:oruka199665:20170807173253j:plain

 

次にサイト下部にあるTREZOR Bridgeをダウンロードします。

 

インストールが終わったら、次は暗証番号の設定を行います。

 

TREZORの画面に表示された数字に対応する場所をクリックして暗証番号を設定します。

 

こちらの動画で番号設定のデモをやっているので参考にしてください。↓

 

 

暗証番号を入力し終えたら、確認のために再度入力が求められるので2回入力してPINコードの設定は完了です。

 

このPINコードはTREZORの中身にログインする際に必要な暗証番号になります。

 

PINコードの設定が終わると、次は万が一ウォレットを紛失・破損してしまった場合に復元のための必要な24単語のパスフレーズが表示されるので、一単語ずつ丁寧にメモしてください。

 

1単語メモし終えたらボタンを押して次に表示された単語をメモするという作業を24回続けます。

 

もし間違ってTREZORのボタンを連打して単語を飛ばしてしまっても2週目があるので一回の失敗してもなんとかなります。

 

PINコードと24単語のパスフレーズは銀行口座でいう暗証番号とキャッシュカードみたなものなので、悪意のある第三者に漏れるとウォレットの中身を全部持ってかれるので紙に丁寧に書いて、安全な場所に厳重に保管してください。(スマホやPC上のメモ帳などに絶対に保管してはいけません!!!)

 

初期設定を終わったら、次はTREZORのラベル名を設定します。ラベル名は後でも変更できますし適当に決めてください。

 

 

f:id:oruka199665:20170807173305j:plain

 

これで初期設定は完了です。お疲れ様でした

 

後はウォレットを使いたいとおもったらTREZORを端末に接続し、PINコードを入力するだけで安心安全にウォレットにアクセスできます。

 

最初の設定や管理が少しややこしいのですが、取引所におくより遥かにセキュリティー性が高いので、全額とは言わないまでもリスク分散のために資産の一部はTREZORで保管しておいた方がいいと思います。

 

まとめ

 

1:TREZOR端末をUSBケーブルでPCに繋ぎます。
2:myTREZOR.com へアクセスしてください。
3:TREZOR Bridgeのインストール。(使うコンピューターごとに一度だけ)
4:暗証番号と24のパスフレーズを紙に記録して厳重に保管。

 

 

【安心・安全】ビットコインのハードウォレット「TREZOR(トレザー)」の購入方法と使い方 

 

 

【安心・安全】ビットコインのハードウォレット「TREZOR(トレザー)」の購入方法と初期設定

 

ビットコインの管理

 

取引所で購入したビットコインは、取引所でそのまま管理することもできますが、よくわからない外国の取引所に大量に置きっ放しとかしていると2014年に起きたMt.gox(マウントゴックス事件)みたいなことがあるとも限りません。

 

基本的に自分自身が管理するウォレットの中にないビットコインは自分のものにならない可能性があります。これは国内の取引所でも同じことが言えます。

 

なので数百・数千万円分のビットコインを持っている場合は、全部を取引所に預けるよりも一部は自分で管理しておくべきだとも言えます。

 

全額自分のハードウォレットで管理するのが理想ですが、自分で保管してもパスや復元フレーズを忘れて取り出せなくなるというセルフゴックスのリスクもあるので、私は購入した仮想通貨を取引所と自分のウォレットで半分ずつ保管しています。

 

そして、自分でビットコインを管理する方法として、ハッキングの危険性がほぼなく安全に保管できるハードウェアウォレットであるTREZOR(トレザー)というものがあります。

 

 



TREZOR(トレザー)とは?

 

TREZORは非常に小さなデバイスであり、近年では世界でも100カ国以上で標準的に使用されているハードウェア型のビットコインウォレットです。

 

電源も必要なく、USBでPCに接続するだけでブラウザからウォレットを利用でき、デバイス内に安全に保存された秘密鍵がその外に一切出ることもありません。


PCで入力される情報がウイルスやマルウェア、キーロガーで読み取られたとしても、物理的にデバイスと暗証番号とが揃わない限り送金することが不可能であるため、TREZORを使うとビットコインを安全に保管・使用することが可能です。


2016年の春以降、日本でもビットコインの知名度が上がり、昨今の価格高騰も伴い個人が高額のビットコインを保有することも珍しくなくなりました。

 

今までは、ビットコインの管理は一般的なユーザーには複雑でしたが、TREZORを使うとたった2つのボタンを使うだけで、PCから簡単にビットコインを保管・使用できるようになります。

 

※秘密鍵?アドレスってなに?という方はコチラの記事で解説しています。↓

仮想通貨ウォレットの公開鍵と秘密鍵の違いについて分かりやすい解説

 

 

TREZORの安全性

 

ビットコインは暗号でできているので、秘密鍵そのものや復元パスフレーズを盗まれたり流出したりしたら、全額を悪意のある第三者のアドレスに送金されてしまい空っぽになる危険性もあります。

 

今はまだあまり被害を聞きませんが、コンピューターウイルスやマルウェアに感染して盗まれてしまう可能性だってあります。

 

これからビットコインが普及して更に高騰し、ただの文字列データが何百万円数千万円あるいは数億円になるとしたら、ハッカーも全力でPCや取引所のビットコインを始めとした仮想通貨を全力で狙ってくるでしょう。銀行のオンラインバンキングのパスワードを盗むよりも効率が良いかもしれません。

 

TREZORを始めとするハードウェアウォレットでは本体内に秘密鍵がしまわれており、使用する際の暗証番号も本体画面に表示されたものをパソコン側で入力するため、キーロガーなどが盗み取ることができないようになっています。

 

TREZORは普段は暗証番号の入力で使えるようになり、いざという時のバックアップは24単語(設定で単語数は変えられます)のリカバリーシードをメモすることで行います。

 

USB接続で動くのでバッテリーの充電の必要はありません。USBから外すと何も動作しなくなります。

 

ハードウェアウォレットを早いうちに入手して使ってみるのは良い勉強にもなると思いますし、TREZORのように読み取れない外部装置を使うことはセキュリティUPに有効だと思います。

 

TREZOR(トレザー)は昔は海外の通販サイトでしか購入できなかったのですが、ビットコインの普及に伴いAmazonでも取り扱われるようになり始めました。

 

そして、TREZORの価格は、約1万8000円と少し高級な財布ですが、安全性を考えれば絶対に勝っておくべきものだと思います。

 

 

 ⇨ビットコインのハードウォレットTREZOR(トレザー)の初期設定方法

 

 

【仮想通貨】リップル(XRP)が将来2万円になる理由

 

 

何年もかかるかもしれませんが、リップル(XRP)の時価総額は少なくとも20兆ドルに達すると思います。

 

なぜなら、XRPリプルはデフレの価値のあるストアであり、非常に速い通貨と決済プロトコルなのです。だから1 XRPは少なくとも$ 200の価値があるかもしれません。理由は次のとおりです。

 

 

金とビットコインと比較

 

ご存知のように、金は重く、支払い手段として便利ではありませんが、その時価総額は7.5兆ドルを超えています(リップル時価総額は現在100億ドル= 0.01兆ドル)。

 

我々は総供給量が何であるか分からず、金の一部はXRPのように交換されるたびに破壊されない。

 

さらに、銀行は安価で迅速かつ信頼性の高いクロスボーダー支払いを行うために金を必要としません。

 

XRPは本当に過小評価されています。リップルは2つのライバルのBitcoinとEthereumに比べて複雑ではなく(ユーザーフレンドリーな財布、分かりやすい..)、使用するのが安く(取引手数料がはるかに低い)、買うのが安く(数セントで済む)お金は秒単位で転送され、ethおよびbtcの場合はほとんどの時間分または時間単位で転送されます)、より環境にやさしい(マイニングなし)、スケーラビリティに優れています(1秒間に1000回のトランザクションを処理できます。BTC 1秒あたり3-5回、ETH15回/秒)。

 

ハッキングの履歴はなく、ハードフォークの履歴も悪い評判もなく、エターリアとは異なり最大の供給力を持ち、XRPは銀行にとってカウンターパーティリスクを持たない唯一の通貨です。これにより、ノストロの口座は再入金されず、中間銀行はもはや必要とされないため、決済コストが削減されます。

 

最後に、世界中の多くの大手銀行と金融機関が、リップルと提携し、2018年にブロックチェーンを通じて世界の送金を展開する計画を立てました。

 

SBIリップルアジアは、47の銀行のコンソーシアムが、日本のリップルクラウドベースの支払いプラットフォームです。

 

その結果、コンソーシアムは商業化段階に移行することを確認しました。今のところ、いくつかの銀行は、日本とタイの間の送金フローのために、タイに拠点を置く銀行SBCのような顧客に対してリアル・タイム支払いを行うためにリップル・ネットワークを既に使用している。

 

Rippleはまた、Bank of America、Santanders、UBS、BBVA、NBADなどとパートナーシップを組んでいます。

 

リップルは、Googleや他の多くの専門投資会社の支援を受けています。それは、遅くて古くて高価なSWIFT技術を置き換えることができます。

 

XRPはブリッジ通貨であり、通貨や暗号化を処理することができます。また、近い将来、ビットコインよりも分散化することを目指しています。

 

XRPには、ニューヨークの仮想通貨ライセンスもあります。総XRP供給の確実性を確実にするために、550億XRPもエスクロウに閉じ込められます。

 

リップルは、国内取引のコストを削減することもできます。リップルはロシア語ではなく、ビットコインのような匿名の人からでもなくサンフランシスコベースのスタートアップです。

 

 

 

このようにリップルがブリッジ通貨として使われるようになった場合、その送金をカバーするためにXRPの時価総額は膨大でなければなりません。

 

現在のドルの時価総額が約2000兆円なので、XRPがドル建て送金のブリッジ通貨になった場合理論上1XRP=2万円くらいにはなることになります。

 

今のXRPの価格が約10円なので単純計算で約2000倍、あほみたいな話だと私も思いますが、今一度リップルのやろうとしていることとそのプロジェクトに参加している面子を見てください。

 

またリップルはすでにダボス会議にも参加しており、世界を牛耳る側にいる勢力です。

 

非中央政権ごっこをしているビットコインとはもはやプロジェクトのスケールが全く違うのです。

 

 

【仮想通貨】ILP送金でXRPは使われるのか!?

 

 

XRPの価格上昇材料

 

仮想通貨の中でも時価総額上位に位置するリップル社の発行する仮想通貨であるXRP。

 

私をはじめ恐らくこの記事に興味を持ち、訪れてくださった人はXRPの価格が今後どうなるかについてもっとも関心があると思います。

 

XRPの価格上昇の大きな材料の一つとしてよく挙げられるのが『XRPが国際送金で本格的に利用されるようになる』というものです。

 

そして、17年6月30日から銀行において日本とタイ間でILP(Inter ledger protocol)送金がすでに開始されていますが、まだXRPが銀行間の国際送金に使われたという例はありません。

 

→【仮想通貨】リップルにおけるILPとは何なのか?

 

 

こういった事実と6月に50円を付けてから右肩下がりで現在20円まで下落している価格チャートを見て、国際送金はILPだけが使われてXRPは使われないのでないかという不安が高まり、XRPを手放している人もちらほら見かけるようになってきました。

 

 

ILP送金でXRPは使われるのか?

 

ですが、ILP送金だけ使われてXRPが使われないという可能性はリップル社の関係者のインタビューやツイッターを見る限り、かなり低いと思われます。

 

それどころかこれまで別物とされてきたILPとXRPは同じような存在になるかもしれない。つまり一つに統合される可能性が出てきています。

 

 

ILPとXRPが一つになる!?

 

その根拠はまずリップル社の人達がILPとXRPの関係に関する発言を盛んに始めたことです。

 


和訳:
「ILPとXRPが完全に統合されたときの可能性を想像してみてください。」

 

これはリップル社の Miguel Vias(XRP担当の重役)のツイートです。この発言だけ見ても、リップル社がILPとXRPを統合しようとしていることは理解できると思います。

 

Rippleコンセンサスが価値のインターネットを生活にもたらす

 

xRapidの発表

リップル社は、8月1日に新たに3つのエンタープライズソリューションを発表しました。xCurrent, xRapid, xViaです。このうちxCurrentは既存のRipple ConnectとILPレジャーを利用した送金システムをパッケージ化したソリューション(つまりILP送金を実現する本体の部分)だと思われます。xViaは、Rippleネットワークを利用して送金を行うための統一されたAPIのようです。そして注目すべきなのが xRapid です。リップル社は公式サイトで xRapid について、次のように説明しています。

xRapidは、流動性コストを最小化し、カスタマーエクスペリエンスを改善したい送金業者やその他の金融機関のためのソリューションです。新興市場への送金においては世界中の現地通貨口座への事前の資金の用意が必要となることが多く、流動性コストは高くなります。xRapidにより、流動性面での資本要件を大幅に引き下げることができます。

xRapidはデジタルアセットであるXRPを独自に活用し、オンデマンドの流動性を供給します。それによって、新興市場においてコストを大幅に低減しながらもリアルタイム送金を可能とします。法人向けに設計されたXRPにより、銀行や送金業者は国際送金のための、効率性が高くスケーラブルで信頼性の高い流動性オプションを手にすることができます。

 

要するに発展途上国の流動性が低いマイナー通貨のリアルタイム送金をXRP使って実現する製品です。

 

 

では、XRPはいつ送金に使われ始めるのでしょうか? これに関しては David Schwartz が次のようにツイートしています。

 

 


和訳:
「予想は難しいが、今日最も非効率な支払いルートのいくつかで、有意義なXRPブリッジングを今年(2017年)見ることになると思う。」

 

つまり David の予想では今年(2017年)にもXRPがブリッジ通貨として使われ始めるとのことです。

 

仮に彼の予想が外れたとしても近い将来であることは間違いないでしょう。

 

 

その結果、XRPはいくらになるのか?

 

ちまたでは、銀行でXRPをブリッジ通貨とした国際送金決済が始まった場合、常時世界のあちこちで行われる数千億単位の銀行間送金をすべてXRPで行えるようにするためには、XRPの時価総額はドルの時価総額である約2000兆円必要だとされており、そうなった場合1XRP当たり価格は約2万円という計算になります。

 

 

ですが、リップル社の中の人によるとリップルによるXRPの使用目的はそのさらに先を行っている可能性もあります。

 

JoelKatz:

 

(一日の貿易額が約500兆円なので、これがすべてXRPで行われた場合XRPの価格はとんでもない数字になるというツイートに対する返信)

 

この考え方は、100%誤っていると言えます。この考え方はまるで、郵便が持っていたシェアを電子メールが奪いとるかどうか思案しているようなものです。

たしかに、もしあなたが電子メールを売り込む立場だったら、郵便が担ってきたあらゆる用途は電子メールが取って代わる、と言うかもしれません。しかし、これには反論する人が出てきて「電子メールでは小包は送れない」とか「受け取り側が物理的にそれを保管できない」とか言ってくるでしょう。ひょっとしたらその人は「物理的な輸送を必要としない郵便の割合は多くても85%だ。したがって電子メールがあまねく普及しても電子メールが手にする量は全ての郵送の量の85%だろう」と今でも言い続けているかもしれません。

しかし、これは明らかに馬鹿げたことです。電子メールを「郵便のようだ。だけど早くて安いもの。」と考えることは、「はるかに早くて安い」ことによって起きる根本的な変化の規模を見誤ることにつながります。

だから、そう。最初は「周りも電子メールを使っていて、かつ物理的な輸送を必要としない場合には、郵便より早くて安いもの」として電子メールを理解するでしょう。これは今日我々がXRPを同様に考え、将来の国際決済と比較するのと同じやり方です。しかし、XRPが本当はどこへ向かっていくのか? 正しく予測できる人は我々の中にはいないでしょう。

 

 

まだ郵便でしか文字のやり取りができなかった昔の頃と今のようにSNSが普及しいつでもどこでも文字を発信できる現在で発信される文字数は全く桁違いだということです。

 

これは支払いで言えば、「ネットで買い物するたびにSWIFTで国際送金する人なんていないでしょ?」ということです。

 

つまり、現在の国際送金の時価総額とILP送金が始まった後の国際送金時価総額を比べることはできないのです。

いずれは動画やブログを見るために小額の支払いが発生するようになることも容易に想像できます。

 

そうなった場合、送金市場の時価総額はさらに大きくなるため、XRPの価格は2万円どころではなくさらに上に行く可能性もあるということになるのです。

 

Davidの言う「正しく予測できる人は我々の中にはいない」の意味は、無限にある可能性の中でそれを現時点で予測することは不可能だということです。

 

 

 

 

【仮想通貨】Rippleのプロダクトラインナップまとめ(ripplenet・xCurrent・xRapid・xVia)

 

リップル社の目指すもの


Ripple社は今メールやLINE、SNSで文字情報をやりとりするのと同じように、銀行を介さず簡単に価値のやり取りができるようになる「価値のインターネット(Internet of Value; IoV)」を実現するという大きなビジョンのもと設立されました。

 

それ以後、私たちはアクセルを思い切り踏み込み、高度なブロックチェーン技術を基盤として、銀行と送金業者そしてその顧客に対して国際送金を真に効率化するための堅牢な法人向けソリューションを開発してきました。

 

そして、現在、Rippleのグローバルな送金ネットワークは90社以上の顧客、75社以上で商業利用に向けた取り組みがされるまでに拡大しており、ネットワーク上の全ての取引を統制する共通の送金スタンダードが作成されています。

 

私たちは世界中の規制当局と密接に連携し、ブロックチェーンがいかに国際送金をつまりはグローバルコマースを革新するかについて積極的に発信しています。

 

XRPは送金向けに最も適したデジタルアセットとしての地位を築いています。また私たちのパートナーがそれぞれのマーケットで顧客に対してイノベーションをもたらしていることを大変誇らしく思っています。

 

マーケットと顧客ベースが進化するのに対応して、私たちのプロダクトがどのようにRippleの唯一のビジョンを達成するために収斂しかつ拡大しているかについて、この機会に説明をしたいと思います。

 

まず前提としてリップルは送金を低コストかつ高速に行うためのプロジェクトの総称であり、リップル=XRPではありません。

 

そして今のところ公開されているリップルのプロダクトは『ripplenet』『xCurrent』『xRapid』『xVia』の4つです。

 

 

RippleNet

 

私達の顧客のフィードバックに基づき、私達の国際送金ネットワークにRippleNetという名前をつけました。Rippleのネットワーク自体はこれまでも存在してきたもので新しいものではないですが、これまで大きなモメンタムを築いてきた拡大するネットワークの新たな進化であると捉えています。RippleNetは世界で唯一の国際送金用途の法人向けブロックチェーンソリューションです。

 

 

xCurrent

 

xCurrentは、即時国際送金をするために現在銀行やその他の金融機関が活用している既存の法人向けソフトウェアソリューションの新しい名称です。

このソリューションではRippleNet上での双方向の送金メッセージングやエンドツーエンドのトラッキングも実現しています。

ネットワーク上での全ての取引を標準化するために、私達はRippleNetアドバイザリーボードとのパートナーシップによって作成されたRulebookを最近追加しました。

Interledger Protocol (ILP)はソリューションの根幹となるもので、様々な異なる送金ネットワークをまたがって即時送金することを可能とするものです。

将来のニーズに応えるためには、ILPこそがグローバルなネットワークをスケールさせる唯一の方法であると確信しています。

 

 

xRapid

 

xRapidは、現在開発中の送金業者向けの新しいプロダクトです。xCurrentをマーケットに投入して以降、途上国における低コストの流動性ソリューションがまだ満たされていないニーズとして存在していることが明らかになりました。

xRapidは途上国における送金の流動性コストを低減するためにXRPを独自に活用します。現在プロダクトは開発中ですが、今後数ヶ月の間にこのプロダクトについてより詳細を共有することを楽しみにしています。

 

 

xVia

 

xViaも現在開発中の新しいプロダクトです。xViaはRippleNet上で銀行や送金業者を通して国際送金をしたい金融機関または事業会社向けのソリューションです。

xViaは送金ステータスの透明性を確保しながら送金し、請求書などの豊富な送金情報を送信することを可能とするシンプルなAPIをスタンダードなインターフェースとして提供します。

私は個人的に、送金業界においてRippleが顧客とともにもたらす可能性について興奮せずにはいられません。

私達は引き続きIoVを実現するというビジョンに向けて邁進しています。その過程において私達のプロダクトはグローバルな送金における一貫性のあるシームレスな経験を提供します。

 

 

おわり

 

リップル社がやろうとしている送金技術革命は壮大なものでどのプロダクトも目が離せませんが、その中でもやはり注目はXRPを使用すると明言されている『xrapid』です。

 

これが完成すれば、XRPが本格的に実用化されるということにもなるので、時価総額的にもリップルの上昇していくと思われます。

 

 

加えて、リップル社の中の人であるDavid Schwartz氏によると、『xrapid』以前に今年中にXRPがブリッジ通貨として、国際送金に使われる可能性もあるようです。

 

仮想通貨の本命がリップル(Ripple)だと確信する理由

 

また現在、金融庁に登録申請中SBIMAXでもXRPは基軸通貨として使われるかもしれない思惑があります。

 

【仮想通貨】SBI株主総会でグローバルな仮想通貨取引所SBI MAX(仮称)が発表!