株初心者が本気で儲けるブログ

株式投資に関連するテーマについて取り扱ってます。

David Schwartz のリップル社の成功とXRPの関係についての発言まとめ

今回はXRPCHATで、リップルネットワークの開発者であるDavid Schwartz 氏からリップル社の成功とXRPについての関係について言及があったので日本語訳をまとめておきます。

 

 

f:id:oruka199665:20170821042935j:plain

 

Twitterアカウント

David Schwartz (@JoelKatz) | Twitter

 

XRPCHAT

JoelKatz - Xrp Chat

 

リップル社の成功とXRPの関係について

 

JoelKatz

Posted June 3, 2016

I don’t think it’s likely XRP would succeed without us, though it’s possible. I do think it’s possible for us to succeed without XRP succeeding, as we do have other sources of revenue.

That said, our XRP is a significant asset. Today, there are significant technical obstacles to using XRP as a bridge or vehicle currency. However, every ILP transaction is one with no significant technical obstacles to using XRP as a bridging currency. Our XRP strategy is based on promoting it as a bridging currency in an ILP world through various strategies including paying traders an incentive to keep spreads low.

This strategy actually works even if ILP fails, so long as ILP fails because something else does the same job ILP does that can also support XRP bridging. We don’t need ILP specifically to succeed, we just need a good way to make inter-ledger payments. If someone made a superior interledger payment scheme, we’d just adopt that instead.

We’ve made the case for why we think a vehicle currency is extremely useful, why we think a crypto-currency has a good chance of being a top vehicle currency, and why we think XRP will be the best crypto-currency for this application. We do not plan to encourage use of XRP as an alternative to Biticoin or as a direct payment method at this time, though if its demand and price becomes strong and stable in the future, that might make sense. It seems like a better strategy to grow the crypto-currency pie than to pick a fight with a strong player for a bigger slice of it.

We cannot do everything, so we have to pick those things that we think we are in the best position to do and that have the best chance at success.

 (XRPCHATより抜粋)

 


和訳

「もしRipple社が失敗したらXRPも失敗するのか?」という問いに対して。

 

JoelKatz:


我々なしでXRPが成功するとは思いません。(もちろん可能性としては成功することもあるでしょう)。

そして逆も然りであり、XRPが成功しなくてもRipple社が成功するということはあり得るでしょう。というにも我々には他の収入源があるからです。

我々のXRPは重要な資産です。現在の段階でXRPをブリッジ通貨/媒介通貨として使用するには大きな技術的障壁が存在します。

しかしInterledger Protocol (ILP)を使えれば、全てのILP取引でXRPブリッジの技術的障壁がなくなります。

我々のXRP普及の戦略のベースは、ILPの世界でブリッジ通貨としてXRPを推進することであり、これには為替スプレッドが小さくなるようトレーダーや取引所にインセンティブを支払う等、様々な戦略が含まれています。

実のところ、この戦略はたとえILPが失敗しても問題なく機能します。なぜなら、もしILPが失敗しても代わりの何かがILPと同じくXRPブリッジングをサポートするからです。

つまり我々はILPに特化して成功させる必要はないのです。我々に必要なのは、台帳(レジャー)決済に使うための方法だけなのです。

もしも他の誰かがレジャー決済に関する優れたスキームを生み出したなら、我々はILPからそれに乗り換えるだけのことです。

なぜ媒介通貨というものが極めて有益なのか?また、なぜ媒介通貨の頂点に立ち得るのが暗号通貨なのか?そして、なぜこの用途におけるベストの暗号通貨がXRPなのか? それらの理由を具体的な形にするために我々は開発を進めてきました。

現時点で我々がXRPについて推進しているのは媒介通貨としての役割だけであり、ビットコインの代替という役割でXRPを使うことを推進する予定はなく、またXRPで直接決済するような使い方を推進する予定もありません。

もちろん、将来もしXRPの需要と価格が強くなって安定すれば、そのような使い方も意味を成すことでしょう。(ちなみに需要と価格に関しては)暗号通貨の中の強者と戦ってパイを奪い合うよりも、暗号通貨全体のパイを大きくしたほうが良い戦略のように思えます。

我々だけでなんでもかんでも成し遂げることは不可能です。狙いを絞って、それを実行するのにベストな位置に立ち、もっとも成功しやすいと思えることに注力する必要があるのです。

 

 

媒介通貨(ブリッジ通貨)になっても価格は上昇しないのでは?という不安を抱く方もいると思いますが、よく考えてください。

 

今のXRPの時価総額は発行枚数が1000億XRPで1XRP=20円なので、約20兆円という計算になります。

 

たって20兆円で、リアルタイムで世界中の大手銀行の数千億円単位の国際送金をXRPに替えることができるでしょうか?いやできません。

 

ここからしてXRPの時価総額はもっと大きくなければいけないということが分かります。

 

リップル社のミゲル氏がXRPの価格について言及!「リップル(XRP)の価格が上昇するのは当たり前」

 

 【仮想通貨】リップル(XRP)が将来2万円になる理由

 

 

リップル社の計画はとても遠大なもので、この計画を実現するためにはこれくらい慎重に行動するのは当然だと思っています。

 

XRPの価格は17年5月に50円をつけてから20円低迷しています。これによって高値掴みして損切りした人たちがXRP・リップル社はスキャム(詐欺コイン)だのとSNSで言いふらしています。

 

ですが、リップル社はダボス会議にまで参加するほどの企業であり、送金でXRPを使われないというのもまずあり得ません。

 

確かにXRPを使わなくともILPだけでも国際送金のコストは大幅に引き下げることができます。

 

しかしXRPを使ったらよりそのコストを削減することが出来ます。使わないはずがありません。

 

 

f:id:oruka199665:20170701000412j:plain

 

 

BTCとかが毎日上昇している中でXRPは歯がゆい価格推移を続けており機会損失を考え始める人もいると思います。

 

しかし倍率で考えると、BTCはジムロージャスによると将来1BTCあたり3000$→500000$(166倍)になるそうで、対するXRPは国際送金でブリッジ通貨として使われれば、20円→2万円以上(1000倍以上)になる計算になります。

 

今の仮想通貨は確かにバブル状態でPoloやTrexで謎の急騰をする草コインはたくさんありますが、その急騰にうまく乗るのは無理だと思います。

 

機会損失といいますが、下手にトレードすると資産を減らす可能性だってありますし、そう考えればガチホも決して悪い選択肢ではないと私は考えています。

 

リップル社は一歩づつですが、着実に進んでおりそして今の仮想通貨の中でもっともスペックと実用性の可能性が高い仮想通貨です。

 

そして、リップル社もXRPについてはトークンのようなただの集金用コインではなく年単位で着実にスケールを大きくしていこうというのは発言の節々から読みとれますし、上で試算したとおり悪いリターンも悪くありませんし、XRPは年単位での長期目線で投資するべき仮想通貨だと思っています。

 

 

 

 

 

 

【詐欺】YoutuberヒカルがVALUで信者を騙して4000万の大儲けwwww

 

ヒカルが信者を詐欺って炎上

 

 まず事の始まりは先日、『VALU』というビットコインを使って自分の株式を発行できるサイトにヒカルやラファエルなどの日本の有名どころのユーチューバーが続々と進出したことに始まります。

 

これがはじまりで上場したヒカルのVALU(株式のようなもの)は連日ストップ高をつけていき。そろそろ、ストップ高に買いが減ってくるかな?という昨日。

 

ヒカルが自身のSNSで優待を匂わせる発言を行います。

 

f:id:oruka199665:20170815225041j:plain

(もちろんこのツイートは削除済み)

 

 

すると、翌日ストップ高に買いが殺到します!!

 

ですが、その時点でヒカルのVALUの筆頭株主の井川さんが売り抜け、一部のユーザーから怪しむ声が出てきます。

 

加えて、ラファエルもすべて売却し最後にはヒカル自身も保有していたVALUを全部売り払ったことで、ヒカルのVALUはS高から一転S安に・・・。まさに天国から地獄です。

 

これによってヒカルの信者を始めとしたVALUイナゴが見事に狩り揚げられたみたいです。

 

 

 

ヒカルのその後の弁明

 

ヒカルは自身のVALUを全て売り払った後SNSを更新し、優待なんか一切匂わせていないと弁明。

 

f:id:oruka199665:20170815212409j:plain

 

うーんセミナーとか開くって言ってませんでしたっけ???

 

この清々しい開き直りっぷりは私には到底真似できません。

 

ちなみにこの文章で小銭稼ぎのイナゴを批判していますが、仲間と示し合わせてVALUを売りぬくというこれがもしVALUではなく株式だったら、インサイダー取引・相場操縦で刑事訴訟レベルのことをやってる人にいう資格は一切ないと思います。

 

そして、「バリュー側が望む形は~」などと運営の気持ちを代弁したように釈明していましたが、仲良くVALU運営から規約違反のレッテル。

 

f:id:oruka199665:20170815224950j:plain

f:id:oruka199665:20170815225000j:plain

 

 

 

井川さんの言い訳と自白

 

f:id:oruka199665:20170815225016j:plain

 

ヒカルと談合して放出したって自分から言ってますね笑

 

ていうかこんなムチャな売り浴びせしたら自身のイメージダウンに繋がるのによっぽどお金がないんですかねぇ・・・

 

もし本人が自称するように、本当に年収が5億円もあれば4000万なんてはした金どうでもいいと思いますが、実態はやはり自転車操業なんでしょう。

 

もしかすると最近のミナミの帝王あった話と同じでヤクザから金を借りていて、その金で動画で豪遊するための資金調達をしているために、借金の返済にでも追いつめられているのかもしれません。

 

まあ与沢翼のように自身を虚像で大きく見せて物を売りつけるって、過去にブログでヒカル 詐欺まがいの情報商材を売りつけてた頃と何にも変わってませんね。

 

まとめ

 

VALUにヒカル参戦、ヒカルとその取り巻きがヒカルの株購入

優待チラつかせたりその他期待させる発言で購入を煽る

株価が上がってきたところで売却を決意、取り巻きにだけ売却の意図を伝える

ヒカルとその取り巻きが持っている株を一斉に売却

チラつかせていた優待はやっぱりなしだと発言

 

問題点

 

取り巻きに売ることを事前に伝えてたこと(インサイダー疑惑
優待があると嘘ついたこと(相場操縦
両方本当の株式なら刑事罰の対象

 

 

 まさに仮想通貨界隈の有識者が、前からずっと指摘していたVALUの弱点というかシステムの不備をまさに一点突破した感じです。

 

やっぱり仮想通貨のICOやVALUなどのこういったトークンは発行主体に価格下落や上場廃止などの際に全く責任が無いのがまずいですねー。

 

この価格に対する責任を発行主体の性善説に任しているためヒカルのような倫理観のないインフルエンサーが悪用すればこういう事態になるのを止めることが出来ません。

 

このようにVALUは株式と違い、情報開示請求権や経営権などの価格維持の義務が負わざるを得ない大きな不随権利はないので、発行してなんかめっちゃ価格下がってるけど俺は売り抜けたしもう知らねーっていう事が簡単にできてします。

 

株式と違って簡単に発行できるので気軽に資金調達ができる反面、出資側の権利が全く保証されていないので、仮想通貨のICO然りVALU然りこういうのは寄付感覚で0になっても困らない分だけ投資するのが良いように思います。

 

個人的にはビットコインを始めとする時価総額上位の仮想通貨をガチホしておくというのが負けない方法だと思っています。

 

バフェットから学ぶ気楽に仮想通貨投資ができる投資方法と心の持ち方

 

 

終わり

 

それはさておき今回の一件は株式だと思いっきりアウトですが、仮想通貨はまだそういった法整備がなされていないので法律的には問題ありませんが、倫理的にアウトですよね・・・

 

やはり大金を稼ぐには、ヒカルみたいに情報商材売ったり信者をVALUで嵌め込むみたいな詐欺紛いなことしないと大儲けはできないんですかね笑

 

こういう人を騙してもなんとも思わない人種の人たちがyoutubeを通じて、ネットの片隅から表部隊に出てきちゃった気がします。

 

今回のヒカルのやり方はグレーゾーンと言われていますが、民事訴訟が起こる可能性があり被害者の会も既に結成されているようです。

 

もしヒカルに直接ダメージを与えたいのならば、ユーチューブでヒカルのスポンサーになっている企業に抗議の電話を行うか、ヒカルの動画に低評価をつけて回るというのが有効な手段だと思います。(これらはとうふさんの炎上で効果が証明済みのやり方です)

 

 

にしてもこの一連の騒動により、VALU自体が悪いイメージ着いたのは確かですが、こういう事件はブロックチェーンやフィンテックを通じて誰でも自分に価値をつけることができるようになる評価経済に移る上でいずれ起こることは避けられないものだったと思います。

 

まあ仕掛ける方がもちろん10000%悪いと思いますが、それにホイホイ乗ってしまうのも自己責任な気がします。

 

 

 

 

リップル社のミゲル氏がXRPの価格について言及!「リップル(XRP)の価格が上昇するのは当たり前」

 

 

先日ビットコインが40万円を超え最高値を更新しました。しかしそんな中リップル(XRP)は一人17年5月の仮想通貨バブルで50円を付けて以来、右肩下がりを続け今では19円にまで下落しています。

 

このふがいない値動きに対してSNSなどでは、リップル(XRP)に対して失望の声が見られるようになり、XRPを手放したという呟きも増えてきています。

 

そんな中、リップル社のXRPのマーケット担当であるミゲル(Miguel)氏がとうとうXRPの価格について言及しました。

 

 

f:id:oruka199665:20170813044057j:plain

 

 

日本語訳

 

インターネット上に流れている様々な情報やノイズが皆さんに混乱とフラストレーションをもたらしているのは理解できます。

 

そもそも、我々が進んでいる道のりは決して短いものではありません。企業と連携して進めているプロジェクトなのでペースは遅く時間がかかりますが、最終的な利益はそれに見合ったものになります。

 

 個人的には、XRPの価格上昇が遅いことに対する不満を見聞きするのは少々残念です(あたかもすぐお金持ちになれるスキームのように扱われている)。これはXRPに対するRipple社内の捉え方とかなり異なります。

 

我々のビジョンは世界を変えることであり、価格が上がるかどうかについては全く心配していません。XRPの価格の上昇は我々が達成しようとしている目標を考えると、それは当然のことです。

 

 

 

まあ要約すると『リップル(XRP)の価格はいつか絶対上がるから心配すんな!!!』ってことですね。

 

そしてXRPは投機ではなく投資としてみるべき仮想通貨だということ。つまり数か月単位で結果(利益)を期待するような仮想通貨ではないということです。

 

ビットコインはウサギでリップルはカメだと私は思っているので、私はこのままXRPをレジャーナノSの中で寝かせておこうと思います。

 

やはりこの発言が読み取れるのはリップル社のXRPの目標は「インターネット上における価値のやり取り(IOV)」であり、ほかの仮想通貨よりもはるか高みを目指しているということです。

 

リップル社の政治力を考えればこのIOVという目標はおそらく成功するでしょうし、そこにILPだけではなくXRPが使われるということをCEOであるミゲル氏が暗に認めたというのは心強いですね。

 

 実際あらゆる個人間送金にXRPが使われれば、その価値は1XRPあたり2万円以上に達するのは全然ありえることですし、今後のリップル社ひいてはXRPの発展に大きく期待しています。

 

【仮想通貨】リップル(XRP)が将来2万円になる理由 

 

リップル社CEOのインタビューから仮想通貨の本命がリップル(Ripple)だと確信する理由 

 

【仮想通貨】ILP送金でXRPは使われるのか!?

 

 

 

 

 

【仮想通貨】OmiseGOがAirdropアップデートの実施を発表

omisegoとは?

 

omisegoとはイーサリアムブロックチェーンのプラットフォームの1つです。

 

⇨Omisegoとは何なのか?その将来性とチャート

 

 

OmisegoがETHホルダーに配布

 

ICOが終わり、現在POLOなどに上場されて取引されているOmisegoですが、この度ETHホルダーにもOmisegoが配布されるみたいです。

 

 OmiseGOにおいて、私たちはできる限りより多くの人々がTokenを保有することがより有用であると確信しています。

それは、許可を必要としないPoSネットワークや、法定通貨(Fiat currency)また仮想通貨(Crypto currency)を経済的な価値の大きい分散型エクスチェンジ取引で利用する場合にはより一層重要な点と言えます。
しかしそれだけではなく、この「できる限りTokenを分散する」と言う事の価値はセキュリティー面でも重要です。

残念ながら、初期のトークン生成時(トークンセール時)に、すべての人が時間・機会・またテクニカルな知識を持ち合わせているわけではありません。 ではどのように私たちの目指している「できる限りTokenを分散する」と言う目標を達成できるでしょうか?

私たちのOMGトークンに関しては、初期のトークンセールドキュメントにも記載の通り5%がAutomatic AirDropと設定されています。このOMGトークン AirDrop(全トークンの5%)は近々(近日公表)分配される予定です。分配先としては直近のブロックで、最低ETH保有を0.1ETHとするアドレスに分配される予定です。

ICOにおけるトークンセールスはETHを利用して調達を行うため多くの場合、極めて重要なインパクトをETHエコシステムに与える可能性があります。しかし、残念なことに大抵の場合、その価値をETHエコシステムに返すことはありません。私たちエコシステムの一員として、そうしたプロジェクトを多数目にしてきました。私たちOmiseGOは、多大の益を受けてきたものとしてすべての益を同様に返せないとしても、このOMGトークンのAirDropを介してEthereumコミュニティーに対する敬意と、その益に対する恩義を示したいと思っています。

これまでの私たちOmiseとEthereum コミュニティーの関係は常に、健全性 / 寛大性 / 保全性を重要視してきました。そして、これまでこれらのアプローチにより私たちはこの健全な関係を維持してきました。しかし、この私たちのアプローチもまた完全なものではなく多種多様な理由によりプロジェクトに参加できない等の結果を生んでしまってもいます。

しかし、私たちは数万から数十万のアカウントホルダーにこのPoS (Proof of Stake)に参加する機会を持ってもらうことがネットワークをより強固にすると信じています。またこうしたアプローチにより、より多くの方達にOmiseGOへの興味を持っていただきさらにメカニズムをユニークで新たなものにできると確信しています。 こうした取り組みが結果的にEthereumの構造へのスケーリングと相互運用性という価値を付与することもできればと願っています。

Airdropに関する詳しい情報は今しばらくお待ちください。

ご注目いただき誠にありがとうございます。

参照: https://www.omise.co/ja/omisego-airdrop-update

 

 

終わり

どうやら急に決まったことではなくホワイトペーパーの時点で既に配布は決まっていたみたいです。

 

1ETHあたりにつき、いくらOmisegoがもらえるのか?やAirdropの日程などはまだ明らかになっていませんが近いうちに詳細の発表があると思われます。

 

ただでomisegoがもらえるとなれば、そのためにETHを買いたいと思う人もいるでしょうしもしかしたら価格も上昇するかもしれませんね。

 

 

アジア開発キャピタル(ADC)の親会社と噂されるサンフンカイグループについて

 

アジア開発キャピタル(ADC)の思惑

 

アジア開発キャピタル<9318>の株価材料・予想株価まとめ 

 

アジア開発キャピタルの思惑材料はこのように社長の経歴を生かして中国で介護事業や飲食ビジネスを展開していくというものです。

 

そして、この事業展開のための資金はどこから出ているのかというと、どうやらサンフンカイグループから出ているようなのです。

 

実際6月末の決算資料でも見出しにアジア開発キャピタル(サンフンカイフィナンシャルグループ)と記載されています。

 

f:id:oruka199665:20170809013659j:plain

 

サンフンカイグループとは?

このアジア開発の親会社と目されるサンフンカイグループ。

 

日本ではあまりなじみのない名前ですが、どうやら中国だとかなり有名でサンフンカイの時価総額は約3530億HKドル(5兆円位)だとされています。

 

サンフンカイ証券 (英文社名:SUN HUNG KAI & CO. LIMITED/略称:SHK、中文社名:新鴻基有限公司、SEHK: 0086)は、中華人民共和国・香港を拠点とするコングロマリット。(wikiより)

 

また風の噂によると香港の裏社会も牛耳っている香港マフィアだそうです。

 

 

副社長はサンフンカイ出身

 

そして、8月8日に副社長のコメントがフェイスブックに掲載されたのですが、副社長のアンセム・ウォン氏はサンフンカイグループから出向してきたようです。

 

f:id:oruka199665:20170809013828j:plain

 

まだ正式なIRは出ていませんが、決算資料にサンフンカイグループと書いてある以上私はサンフンカイとアジア開発キャピタルのは既に資本関係がある⇨アジア開発キャピタルは親会社のサンフンカイに第3者割当増資を引き受けてもらってサンフンカイのグループ会社として中国での事業展開に注力していくって思惑が濃厚だと思っています。

 

これなら先日の網谷社長のコメントにあった累損の一新のための資金は何処から出たのかも納得がいきます。

 

そして、副社長のアンセム・ウォン氏のコメントにあるように「サンフンカイの経営資源を最大限に生かしADCの業務を拡大していく」とあるので、8月の決算で黒転見込みの通期予想が出てくる可能性もありますし、期待が膨らみます。

 

こんな感じで有名なトレーダーが注目し始めたりと、大きい思惑入り乱れるアジア開発キャピタルですが、サンフンカイがバックにいるとなれば今の20~30円のレンジは割安だと思いますし、50~100円は目指してもいいのではないかなーと私は思います。

 

※投資は自己責任でお願いいたします。