読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

株初心者が本気で儲けるブログ

株式投資に関連するテーマについて取り扱ってます。

【仮想通貨】儲かる!?イーサリアム(Ethereum)とは?

今日はイーサリアム(Ethereum)について紹介したいと思います。



・イーサリアムとは?

イーサリアムとは、「イーサリアムプロジェクト」という、新しい試みを実現しようとする計画・組織があり、その計画のために必要な技術として提供されているアプリケーションやソフトウェアなどのプラットフォームの総称です。

なので正確には、「イーサリアムという名称≠仮想通貨の名称」であり

本当はイーサリアムプロジェクトにて使用される仮想通貨のことを「ether(イーサー)(ETH)」と呼びます。(最近ではイーサリアムという名前が普及しているので通貨自体のことをイーサリアムと呼ぶ人も多く、そっちが多数派になりつつありますが正確にはこうです。)


・イーサリアムの特徴

イーサリアムは仮想通貨のバージョン2.0にあたるもので、ETHという仮想通貨によって、「スマートコントラクト」を実現しようという目的があります。

スマートコントラクトというのは、ざっくりいうと「契約の条件確認や履行までを自動的に強制させられる仕組み」とのことを指します。


仮想通貨の代表格であるビットコインでは、システムによって、通貨の取引履歴が書かれている台帳をP2Pという分散管理システム、ブロックチェーンと呼ばれる不正改ざん防止の仕組みで管理することで、通貨としての信頼性を確保しています。そして、イーサリアムでは、さらにこの台帳で「契約の記録」も管理することが可能なのです。

「契約」というのは、端的にいうと、条件です。
つまり、イーサリアムのシステムを利用した売買だと、「〇日以内に同じ店で買い物した場合は半額」というような「契約」も売買記録と一緒に付与することができるのです。

この記録は、P2Pという分散管理、ブロックチェーンと呼ばれる不正改ざんを防止するシステムに守られているので、相手側は絶対にこの約束を実行しなければなりません。

更に言うなら、システム上の契約に盛り込まれている場合であれば、買い物時に条件を満たしていれば勝手に半額になる仕組みにすることもできます。

これが、イーサリアムの目的である「スマートコントラクト(契約の条件確認や履行までを自動的に強制させられる仕組み)」の概念です。

この「契約」はチューリング完全な言語により記述することができ、中央機関なしに契約を自動執行できます。(ただし契約の執行には複雑さに応じたイーサを支払う必要があります。)

この「契約も一緒に管理する」という部分が、ビットコインとの一番大きな違いであり、イーサリアムの一番の特徴になります。

イーサリアムでは、この仕組みをもっと壮大なプロジェクトとして、様々な取引に応用しようとしています。

そして、イーサリアムの時価総額は、仮想通貨 最大手のビットコインの約7000億円の、次に大きい約830億円でありビットコインとイーサリアムの2つで仮想通貨シェアの約90%を占める計算となっており、今後さらなる発展していく可能性があり目が離せません。







【R言語】Rコマンダーのインストール方法

R言語 統計学

 

 

 

 

・Rコマンダーのインストール

Rを使う上で欠かせないRコマンダーのインストールと使い方を説明していきます。

 

まず

>install.packages("Rcmdr")

 

CRANのミラーサイトの場所はTokyoで問題ないです。コマンダーを起動するのに必要なパッケージがないとか警告されたら全部OK、ちなみにR3.2.2以下だと、”car”がロードできないやら、 'pbkrtest'パッケージは利用できません。とかで、car・pbkrtestパッケージファイルを削除・再インストールしても、Rコマンダーは起動できなかったので、素直にR3.3にアプデした方がいいようです。

 

インスコが終わったら

>library(Rcmdr)

でパッケージの読み込みでRコマンダーが起動します。

 

f:id:oruka199665:20161212020506p:plain

 

 

 このRコマンダーというのは、Rに不慣れなユーザーのために開発されたコマンド支援入力インターフェイスです。

本来、Rは対話型入力の統計解析ソフトなのですが、そのためのコマンド入力が「文系だけど金融データ扱いたいから使ってみたいけど、プログラミング言語なんて一度も触ったことない」という私のような初学者に対してはハードルがクッソ高いんですよね・・・。

その問題を解決すべく生まれたのがRコマンダーで、これによってExcelのように、マウス一つで図が描けるようになったのです。

まあファイナンスデータ解析のためのコマンドが全部そろっているわけではないので、ある程度は、コンソールでコマンド入力を行わなければなりません。

Rコマンダーでは、新しいデータセットの作成、データのインポート、パッケージ内のデータセットの読み込み、データセット内の変数管理などを行うことができます。

 

・新しいデータセットの作成

 Rコマンダーのメニューの「データ」→「新しいデータセット」で、新しいデータセット名前を指定する「新しいデータセット」DBoxが開かれます。名前を決定して[OK]ボタンを押すとデータ作成シートが開かれます。

セル値を入力し、メニューの「ファイル」→「閉じる」押すと新しいデータセットが作成されます。(まあエクセルええやんってレベルの作業なので、使うことはまずないですが参考程度に)

 

 

 

・データのインポート

 Rコマンダーは、csvファイル、txtファイル、scv形式のデータ、旧SPSSなど、いろんなデータ形式を読み込むことができます。

やり方は、メニューの「データ」→「データのインポート」で、txtファイルやcsv形式などのよく使われる形式のファイルは、丁寧に個別に選択肢が用意されています。

ここではcsv形式のデータを読み込むものとして「テキストファイル、またはクリップボード・URLから~」を選択します。

すると、名前やデータ区切りの記号などを指定するダイヤルボックスが開かれます。

 

f:id:oruka199665:20161212025805p:plain

 


データセット名は日本語だと文字化けするので、半角のローマ字推奨です。保存したデータが、csv形式の場合は「フイールドの区切り記号」は「ガンマ」を選択します。(もしデータの区切りがスペースの場合は「空白」を選択)

必要な項目を指定し、[OK]を押すと、ファイルを開く画面が出てくるのでファイルを選択し、開くとファイルが読み込まれます。

上記の操作で読み込んだデータセットは自動的にそのデータセットがアクティブ化されます。メニューのデータセットのところに、指定したデータ名が出ていれば成功です。

読み込んだデータが複数の場合は、処理対象のデータセットをその都度、アクティブ化させなければなりません。データセットのアクティブ化の操作は、メニューの下部のデータセットの名前が表示されているアイコンをクリックすることで可能です。

 

 













【金融知識】ゼロ金利政策の分かりやすい説明

今回はゼロ金利政策について取り上げていきたいと思います。

中央銀行の役割

中央銀行の役割は市場金利を操作することによって、自国経済が程よく成長(インフレ)できるように支えていくことにあります。

そのために中央銀行は、金融市場の中で、現金を含む金融商品を買ったり、売ったり、貸したり、借りたりして、金利を誘導します。

このときに直接的に市場に介入して誘導するのは、通常は大手金融機関同士が無担保で一日だけの金の貸し借りをする金融市場(コール市場)だけです。

なぜなら、いろいろな金融商品のさまざまな満期の金利は、市場原理の中で自由に決まっていくのがいいので、中央銀行が介入するのは大本の部分だけにしたいからです。

ゼロ金利政策とは?

ゼロ金利政策とは、ざっくりいうと「超短期の銀行間の資金の貸借りの金利を実質ゼロにする政策」です。銀行間の貸借りの市場はコール市場と呼ばれ、超短期とは、期間が翌日までの期間の短いものでオーバーナイト物と呼ばれます。


ゼロ金利政策の目的


金利は貨幣のレンタル手数料であり、貨幣の需要と供給によって決定されます。

なので、日銀は超短期の資金を十分に供給することによって、金利を低下させ、超短期金利を実質ほぼゼロに近くなるようにすることで、超短期の銀行間の貸借りの市場で、ある銀行が資金が借りられなくて倒産するというようなリスクはなくなります。つまり、金融危機の解消がゼロ金利政策の目的なのです。

そしてゼロ金利政策は、他にも経済に影響を与えています。たとえば、超短期金利を実質ゼロにすることにより、あまりにも短期金利は低くなるので、短期で資金を貸すより、株式投資や長期の貸出しを行うほうが有利となったりもします。

その結果、不況で、なかなかリスクをとって株式や長期貸出しを行わなかった金融機関に、それらを促す効果があります。また、それによって、株価は上昇しやすくなります。


ゼロ金利政策の歴史

このゼロ金利政策は、平成1999年2月以降2000年8月まで行われましたが、金利を実質ゼロまで下げるという史上例を見ない政策を、日銀は「異常事態」と捉えています。

つまり、金融市場の一時的混乱で、優良な銀行や企業までもが資金が借りられないことによって倒産してしまう事態も予想されたので、そのような事態を避けるため行った非常手段なのです。

ですから、2000年になり経済が回復してきた時点でゼロ金利政策を解除しました。しかし、その後、米国の同時テロによる米国経済の悪化によって日本の景気も悪化し、2001年3月に、日銀はゼロ金利政策を再開しました。そして2006年まで量的緩和政策が行われ、2015年に日銀の黒田総裁は、ゼロ金利政策を超えるマイナス金利政策を開始しました。


ゼロ金利政策の問題点

ゼロ金利政策の批判として不良債権処理を妨げているというのがあります。

これは銀行が破綻寸前の企業に破綻しないように資金支援をするケースで、銀行が資金を調達する金利が実質ゼロであれば、ほとんど負担なく支援できてしまうことにより、本来の市場原理では破綻すべき企業が、再生の見込みもないままゾンビのように生き延びて、不況債権の本格的処理を遅らせているということです。

なので構造改革派の専門家の中には、金利を3-4%に引き上げて、倒産寸前の企業は倒産させて、速やかに市場から退場させて、構造改革を行うべきだと主張もあります。









【テクニカル分析】 ダイバージェンスとは?

テクニカル分析 株式投資 投資の基礎知識 株価分析

・ダイバージェンスとは?


「ダイバージェンス」とは、「逆行現象」という意味の単語です。
これは※オシレーター系のテクニカル指標で見られる現象で、簡単に言うとテクニカル指標の出した数値と実際の価格の動きが逆に動く状態のことです。


もし株価が上昇を続けている状態であれば、普通過熱感を示すオシレーター系のテクニカル数値も上昇を続けるように思いますが、あまりに上昇が続きすぎると、逆にテクニカル数値が下がってしまうことがあります。


「ダイバージェンス」は、トレンドが終わる兆候を示すと言われています。よく「オシレーター系はトレンドに弱い!」、「オシレーター系はトレンドでは役に立たない!」なんてことが言われますが、このダイバージェンスを理解すれば、トレンドにおいてもオシレーター系を活用できるようになるので、投資のおいてより正確な意思決定ができるようになると言えます。
※オシレーター系指標…「買われすぎ」「売られすぎ」を示す指標、RSIなど
※トレンドフォロー系指標…トレンドを追いかけるタイプのテクニカル指標。価格が上がり続けると、指標の数値も上がり、下がり続けると指標の数値も下がる。代表的なものに移動平均やMACDなど


・ダイバージェンスの種類


ダイバージェンスには次の2種類があります。
・ダイバージェンス
・ヒドゥンダイバージェンス


通常、「ダイバージェンス」というと1つ目のほうを指しますが、ヒドゥンダイバージェンスというのもあります。ちなみに「ヒドゥンダイバージェンス」とは、「隠れて見えにくいダイバージェンス」ということです。


・ダイバージェンスの使い方

それではチャートを見ていきましょう。オシレーター系テクニカルにはRSIを使っています。

f:id:oruka199665:20170312234902p:plain
参照(http://www.age.jp/~k-matsu/FX/MT4/RSI_divergence.html)


ドル円レートはどんどん上がっている状態です。そして、この上げと同時にRSIもどんどん上昇していっています。しかし、レートに比べて徐々にその勢いが弱くなっていきます。これがRSIの特徴です。そして、ついにレートは上昇しているのにRSIは下降するという逆行が起こります。これが「ダイバージェンス」です。


これがトレンド終了の兆候とされるサインで、その後はサイン通りに上昇トレンドは終了し、下降トレンドへと反転していっています。



・ダイバージェンスの判断


このレートの動きやテクニカル数値の逆行を見るときは、上値や下値で見比べるのが一般的です。
例えば、今回の上昇トレンド中であれば上値に注目して、「レートが上値を更新しているのに、テクニカル数値は上値を更新できなかった」となったらダイバージェンス確定です。


下降トレンド中であれば逆で、下値に注目して、「レートが下値を更新しているのに、テクニカル数値は下値を更新できなかった」というような判定をします。


ダイバージェンスはこういった上値下値が確定したときに判定可能となりますが、リアルタイムでチャートを見ていると「ダイバージェンスが起こりそうだぞ!」というときがあります。


実際にトレードをするときは、上値下値が確定する前の段階で、「ダイバージェンスが起こりそうだから、この後は上がり(下がり)そうだ!」という風に相場で使っていくことになります。


・ダイバージェンスの注意点


ですが強いトレンドのときは、ダイバージェンスが出続けながらも上値下値を更新し続けるということがしばしばあります。


またダイバージェンスのみで逆張り(売り)をするのは危険であり、あくまで手じまいのサインとして使うのがいいです。


ダイバージェンスは、あくまでRSIなどオシレータ指標の取引根拠の補強として使ったりするのがいいでしょう。


www.dmjtmj-stock.com
www.dmjtmj-stock.com

【金融知識】日銀の短観とは?

・短観とは?


短観(タンカン)とは、正式名称を「全国企業短期経済観測調査」といい、統計法に基づいて日本銀行に行なう上場企業や中小企業への業況調査のことを指します。

これは「全国の企業動向を的確に把握し、適切な金融政策を行なうための参考にすること」を目的としており、全国の約1万社の企業を対象に、3、6、9、12月の四半期ごとに実施し、翌月初旬(12月のみ当月中旬)に公表されます。

短観では、企業が自社の業況や経済環境の現状・先行きについてどうみているか、といった項目に加え、売上高や収益、設備投資額といった事業計画の実績・予測値など、企業活動全般にわたる項目について調査しています。

この短観は、国内外で利用されており、海外でも"TANKAN"の名称で広く知られています



・短観の中身


日銀短観は「計数調査」と「判断調査」によって構成されています。

「計数調査」は売上高、雇用者数、金融機関借入金などを計数的に計るものです。

一方、「判断調査」は生産、売上、在庫調査、設備投資、企業収益、雇用、企業金融、の項目に対して「良い」「さほどよくない」「悪い」の三つから選択させるものです。

短観は日銀という金融政策当局自身が調査し、直接、各企業の経営者に業況感を問うマインド調査であり、しかも、サンプル数が十分にあり、回収率も高いので、数多くある経済指標の中でも特に注目されている統計です。


・業況判断指数とは?


短観の中でも特に重要なのは「判断調査」の中にある「業況判断指数(DI)」です。

「業況判断指数」とは、「景気が良い」と感じている企業の割合から、「景気が悪い」と感じている企業の割合を引いたもので、DIの数値は50が横ばいを表し、これを上回ると「景気が良い」、下回ると「景気が悪い」と感じる企業が多いことを示します。

なぜDIがここまで重要視されているのかというと、景気の方向は、経済に参加する各主体(企業や家計)の気持ちによって左右されると言っても過言ではないからです。

なぜかというと、経済とはモノと金の循環なので、多くの経営者が「物が動き始めたからちょっとリスクはあるが設備投資を拡大しようか」と考えていれば、先行きの景気はよくなるだろうし、逆に「手控えよう」と思う経営者が多いと、逆に景気はスローダウンするからです。

そうした企業や家計の気持ちの微妙な変化をいち早く察知するため、エコノミストは短観を始めとした経済指標を常に注目し、企業アナリストはインタビューに奔走しているのです。

特に、大手製造業の業況判断DIの注目度は高いです。また、セクターごとの業績予想が株式の投資判断指標として利用されています。


・まとめ

日銀短観は、企業の業況見通しが集約されており株価に与える影響がとても大きく、株式投資をするならば絶対にチェックしておかなければならない経済指標と言えます。


www.dmjtmj-stock.com
www.dmjtmj-stock.com